神社時々ねこ

神社LOVE、猫LOVE。一人旅大好なおっさんの不定期ブログです。

紀伊国一の宮 日前神宮・國懸神宮

2019年10月7日、和歌山市秋月に鎮座する『日前(ひのくま)神宮・國懸(くにかす)神宮』へ。

通称、日前宮(にちぜんぐう)。同じ境内に二つの神社が鎮まっている珍しい神社。

最寄駅は、わかやま電鉄貴志川線日前宮駅」。

f:id:yasucom:20191015092343j:plain

日前神宮國懸神宮御神体三種の神器に次ぐ宝鏡で、神話の天岩戸に登場します。

天照大御神が隠れてしまった岩戸の前で、石凝姥命(いしこりどめのみこと)が日像鏡(ひがたのかがみ)と日矛鏡(ひぼこのかがみ)、のちに三種の神器となる八咫鏡を鋳造し、天孫降臨の際に三種の神器とともにもたらされました。

神武天皇東征後、紀伊国造に任命された天道根命(あめのみちねのみこと)が、名草郡毛見郷の地に二つの宝鏡を祀ったのが始まりと云われています。その後、垂仁天皇16年に現在地に遷座しました。

延喜式』にも名神大社として記載され、御祭神が三種の神器に次ぐという宝鏡であるため、朝廷からは伊勢神宮と同様に別格の扱いを受けたようです。

f:id:yasucom:20191015092659j:plain

鳥居をくぐって参道を北へ進みます。境内はまだ参拝者がおらず、とても静かでした。

f:id:yasucom:20191015092803j:plain

突き当りで参道が左右に別れている。左に行けば日前神宮、右に行けば國懸神宮

順番はどちらでも良いとのことでしたが、日前神宮から。

f:id:yasucom:20191015092846j:plain

日前大神日像鏡)をお祀りしている日前神宮

風格が感じられます。

f:id:yasucom:20191107092109j:plain

天道根命をお祀りする天道根神社。紀伊国造紀氏の祖神。

f:id:yasucom:20191107095219j:plain

邦安神社。江戸時代中期の伊予西条藩の世嗣で非業の最期を遂げたという松平頼雄命をお祀りしています。

f:id:yasucom:20191107095624j:plain

日前神宮側の参道脇にあるお社。けっこう傷んでいてどのような神社かは不明。

f:id:yasucom:20191107101108j:plain

f:id:yasucom:20191107101134j:plain

次に反対側の國懸神宮へ。御祭神は國懸大神日矛鏡)。

f:id:yasucom:20191107092811j:plain

摂社の中言神社。

御祭神は名草彦命と名草姫命。東征前はこの地域を治めていたようです。

f:id:yasucom:20191107093158j:plain

末社の市戎神社。

御祭神は蛭子神(ひるこのかみ)。周辺は凛とした雰囲気なのですが、ここは賑やかな感じ。

f:id:yasucom:20191107094250j:plain

市戎神社の隣りにある松尾神社

f:id:yasucom:20191107094614j:plain

國懸神宮側の参道脇にもお社が並んでいた形跡がありました。

f:id:yasucom:20191107094845j:plain

地元の人は、伊太祁曽神社と竃山神社と合わせて「三社参り」をするのが習わしであるとのこと。

時間がたっぷりあるので、この後お参りすることに。

 

ご覧いただき、ありがとうございました。

 

日前神宮國懸神宮へのアクセス

わかやま電鉄貴志川線日前宮駅」より徒歩1分

 

紀伊国一の宮 丹生都比売神社

2019年10月6日(日)、和歌山県伊都郡かつらぎ町の丹生都比売神社をお参りしました。

標高450mの天野盆地に鎮座する丹生都比売神社の創建は古く、今から1700年以上前に、天照大神の妹神で紀伊国を開拓したという丹生都比売大神(にうつひめのおおかみ)がこの地に鎮まったのが創始と伝えられています。また、『播磨国風土記』によれば、応神天皇が社殿と紀伊山地北西部一帯を神領として寄進したとあります。

高野山も丹生都比売神社の神領地の一部でありまして、弘法大師空海高野山を借り受けて真言密教の根本道場を開いたと云われています。

平成16年には「紀伊山地の霊場と参詣道」として、高野山、熊野、吉野地域とともに世界遺産に登録されました。

今年、世界遺産登録15周年を迎え、9月14日から11月30日の期間の土日祝日の11時と12時30分に、『本殿特別拝観と境内ガイドウォーク(拝観料500円)』が開催されています。一般の参拝では普段入れない楼門内から本殿を間近に拝観できるうえに、神社の職員の方に境内を案内していただけるのです。

丹生都比売神社への交通案内

丹生都比売神社へのアクセスですが、車が無い場合はバスかタクシーになります。

和歌山線「笠田駅」からコミュニティバスが出ていますので、ご利用ください。www.katsuragi-kanko.jp

※天野コースをご参照ください。

当日、笠田駅に着いたのが午前10時35分でした。

バスが無いのでタクシーで向かうことに。料金は2,710円でした。

『本殿特別拝観と境内ガイドウォーク』を体験

11時の回にギリギリ間に合ったーーー!

参加者は9名。ガイド役は丹生宮司でした。写真や動画撮影は禁止とのことなのでスマホの電源をOFF。

そして、お祓いを受けた後に本殿に案内され、本殿に祀られている神様や由緒、高野山との関係、第一殿の中の御神体など色々なお話を聞きました。

f:id:yasucom:20191022220648j:plain

※写真は、ここだけ撮影OKでしたので記念に撮ったものです。

 

本殿から楼門に移ります。本殿と同じ重要文化財熊本地震阿蘇神社が倒壊したことから耐震補強をしたいそうですが、手を加えると重要文化財から外されてしまうそうです。紫の大きな幕は、毎年高野山から奉納されているとのこと。

f:id:yasucom:20191023102407j:plain

最後は境内社の佐波神社へ。

明治の神仏分離のお話しで終了となりました。

f:id:yasucom:20191029103007j:plain

御朱印をいただき、帰りのバスまで時間があるので境内をゆっくり散策しました。

大峯修験者の碑へ。明治の神仏分離まではこの周辺には僧侶が住んでいて、塔やお堂が建っていたのでしょうね。

f:id:yasucom:20191106093922j:plain

f:id:yasucom:20191106094405j:plain

両部式の外鳥居。両部は密教金剛界胎蔵界のことで神仏習合が盛んだった神社によく見られる形式の鳥居。

f:id:yasucom:20191106094947j:plain

輪橋。一般の参拝者も普通に渡ることができます。

f:id:yasucom:20191106100649j:plain

f:id:yasucom:20191106101246j:plain

鏡池の浮島にある祠。

f:id:yasucom:20191106101437j:plain

禊橋と中鳥居。

f:id:yasucom:20191106101736j:plain

散策を終え、バスの時間までベンチで休憩。標高があるので半袖だと肌寒い。

f:id:yasucom:20191106102014j:plain

午後1時、帰りのバスに乗って笠田駅へ。バス乗り場は第二駐車場(鏡池側)にあります。

機会がありましたら『本殿特別拝観と境内ガイドウォーク』に参加してみてはいかがでしょうか。普段の参拝では聞けないお話を聞くことが出来ますし、間近で本殿を拝観することができて感動します。

 

ご覧いただき、ありがとうございました。

 

丹生都比売神社へのアクセス

JR和歌山線「笠田駅」よりかつらぎ町コミュニティバス「丹生都比売神社前」下車

 

 

安房国一の宮 安房神社

全国一の宮巡り 千葉県館山市安房神社

8月に阿波国徳島県)の一の宮をお参りしましたので、今回は阿波をルーツとする千葉県館山市安房神社をお参りすることに。

ご存知の通り、台風15号による暴風雨に見舞われ大変な被害に遭い、予約していた宿からも宿泊の確認の電話がかかってきました。普通に電車やバスが動いていれば神社に行けるのでキャンセルしませんよ。

早朝、自宅を出発。電車を乗り継ぎ、蘇我駅内房線に乗り換えて館山駅へ。

ここからJR関東バス安房白浜行きのバスに乗って移動します。

バスは駅東口の3番乗り場から出ていますが、洲の崎方面に向かう循環バスも同じ乗り場ですので、間違って乗車しないように注意してください。

f:id:yasucom:20191003084847j:plain

約20分くらいでバス停に到着。

バス停で降りたら、前方に見える看板の矢印方向に進んでください。

f:id:yasucom:20191003085647j:plain

f:id:yasucom:20191003091509j:plain

f:id:yasucom:20191003091951j:plain

バス停から歩いて5分くらいで鳥居に到着しました。

社号標は東郷平八郎元帥の揮毫によるもの。

f:id:yasucom:20191003092343j:plain

桜並木の参道。今度は桜が咲いているときに来てみたいですね。

f:id:yasucom:20191003093853j:plain

境内は広々としていて気持ち良い。

f:id:yasucom:20191003094542j:plain

安房神社の創建は2670年以上前に遡り、皇紀元年と伝えられています。伊勢神宮の内宮と外宮にならって上の宮と下の宮があり、上の宮には主祭神であり忌部氏の祖神である太玉命(ふとだまのみこと)が、下の宮には太玉命の孫で、阿波国から房総半島に渡り安房国を開拓した天富命(あめのとみのみこと)が祀られています。

まずは、上の宮へ。

f:id:yasucom:20191003100052j:plain

本殿を拝見しようとしたら、台風15号の強風で倒れた木が。

f:id:yasucom:20191003095619j:plain

神饌所と本殿を繋ぐ渡り廊下の屋根にも裏山から転がり落ちた倒木による被害が見られました。本殿に直撃しなくて良かったです。

f:id:yasucom:20191003100004j:plain

御仮屋の前にも倒木がありました。

f:id:yasucom:20191003100436j:plain

最後に下の宮をお参り。上の宮と同じ神明造。華美な装飾がない、こういう素朴な造りもいいものです。

f:id:yasucom:20191009084750j:plain

御朱印をいただいて、帰りのバスの時間に余裕があったので忌部塚に寄ろうとしましたが、残念ながら道がふさがれていて奥に進むことが出来ませんでした。

f:id:yasucom:20191009092045j:plain

f:id:yasucom:20191009092617j:plain

館山駅に戻り、バスで予約していた宿へ。

目の前が海という絶好のロケーションでした。

f:id:yasucom:20191009094418j:plain

一泊して帰りは外房線「特急わかしお」で。

館山駅の名物くじら弁当を購入。ごちそうさまでした。

f:id:yasucom:20191009102215j:plain

 

ご覧いただき、ありがとうございました。

 

安房神社へのアクセス

JR内房線館山駅」よりJR関東バス安房神社前」下車、徒歩5分

 

徳島眉山天神社 徳島県徳島市

徳島県の神社旅最後は、王子神社神職さんに奨められた眉山天神社をお参り。

阿波踊り会館のすぐ横にあります。

f:id:yasucom:20191001081203j:plain

こじんまりとした境内。

口紅がセクシーな狛犬さん。

f:id:yasucom:20191001081321j:plain

f:id:yasucom:20191001081351j:plain

菅原道真公と、瀬戸内寂聴さんが命名した『知恵の牛』像。

f:id:yasucom:20191001081444j:plain

インパクトが強いラジオ体操の像。一度見たら忘れられない(笑)

f:id:yasucom:20191001081516j:plain

天神社は、潮音寺の鎮守として、瑞厳寺の一顎和尚が甲斐国山梨県恵林寺から携えてきた渡唐天神木像を祀ったのが起源とされています。文化6年(1809)に現在地に一社を創建。藩主蜂須賀家より代々保護されました。

f:id:yasucom:20191001083037j:plain

御朱印をいただきに社殿の隣りにある社務所へ。

f:id:yasucom:20191001084859j:plain

f:id:yasucom:20191001084924j:plain

御朱印を待っている間、参拝者が誰もいなかったので恋愛のパワースポット姫宮神社へ。(おっさんが一人で行くのは勇気がいる…)

f:id:yasucom:20191001085517j:plain

参道には22個の踏み石があります。

f:id:yasucom:20191001092827j:plain

f:id:yasucom:20191001093130j:plain

急ぎ足で参道を歩く。

f:id:yasucom:20191001093243j:plain

セーフ!誰も来なかった。

f:id:yasucom:20191001093452j:plain

ご夫婦の方はこちらもお忘れなく。

f:id:yasucom:20191001093631j:plain

御朱印をいただき、最後に静かに有名になりつつあるという『鳴鶯』へ。

そういえば、境内に入ったときにここでやたらと柏手をしている家族がいたなぁ。

f:id:yasucom:20191001093801j:plain

やってみましたが、う~ん、微妙でした。

f:id:yasucom:20191001093825j:plain

駅からも歩いていける距離ですし、眉山ロープウェイや阿波踊り会館など観光名所がありますので、訪れてみてはいかがでしょうか。

 

ご覧いただき、ありがとうございました。

 

徳島眉山天神社へのアクセス

JR徳島駅より徒歩10分

 

阿波神社 徳島県鳴門市

大麻比古神社の次は、土御門天皇を祀る阿波神社を訪れました。

板東駅から一駅目の池谷駅で下車。

f:id:yasucom:20190914234401j:plain

県道鳴門池田線を歩いていると鳥居が見えました。

f:id:yasucom:20190914234553j:plain

鳥居の横には、承久の乱で土佐に流された後阿波国に移り、この地で崩御された土御門天皇の火葬塚があります。

f:id:yasucom:20190914235149j:plain

参道を通って社殿へ。

f:id:yasucom:20190914235901j:plain

神門。

f:id:yasucom:20190918114643j:plain

現社殿は昭和15年に紀元二千六百年記念行事として、火葬塚の北東に隣接するこの地に造営されました。

f:id:yasucom:20190918114810j:plain

本殿。

f:id:yasucom:20190918114835j:plain

広い境内は緑に囲まれていて、とても落ち着きます。

f:id:yasucom:20190918114918j:plain

f:id:yasucom:20190918114943j:plain

参拝を済ませ、境内を散策していると突然雨がパラパラと降ってきました。

ひょっとして神様に歓迎されたのだろうか。

駅から歩いて行ける距離ですので、訪れてみてはいかがでしょうか。

 

ご覧いただき、ありがとうございました。

 

阿波神社へのアクセス

JR高徳線池谷駅」より徒歩15分

JR鳴門線阿波大谷駅」より徒歩8分

阿波国一の宮 大麻比古神社

『おおあささん』と呼ばれ親しまれている阿波国一の宮

徳島県2日目。まずは、今回の旅の目的地である阿波国一の宮大麻比古神社』へ。

最寄りの板東駅に到着。無人駅。切符は、電車を降りたときに乗務員さんが回収に来ます。

f:id:yasucom:20190906195945j:plain

四国霊場八十八カ所第一番札所である霊山寺から5分程歩くと大鳥居が見えてきました。

f:id:yasucom:20190909090956j:plain

大きくて立派な鳥居です。

f:id:yasucom:20190909091041j:plain

楠並木と百基の石灯籠が立ち並ぶ長い参道。長さは約1キロあります。

f:id:yasucom:20190914090125j:plain

板東谷川に架かる神橋(祓川橋)。橋ができたのは明治末期~大正元年頃で、橋が無かった昔は参拝者は神社正面の浅瀬で草履を脱いで川に入り、口や手足を清めてから参拝していたそうです。

f:id:yasucom:20190914092410j:plain

まずは手水舎でお清め。吐水口が盃とは大変珍しい。

f:id:yasucom:20190914093329j:plain

御神木の前にいる前掛けをした狛犬さん。眼がくりっとして愛嬌がある。

f:id:yasucom:20190914093054j:plain

f:id:yasucom:20190914093126j:plain

そして、こちらが樹齢千年を超えている御神木の大クスノキ。鳴門市の天然記念物に指定されています。存在感がすごい。

f:id:yasucom:20190914093542j:plain

f:id:yasucom:20190914094515j:plain

拝殿へ。今は参拝者が少ないですが、正月にもなると県内外から約25万人が初詣に訪れるそうです。

f:id:yasucom:20190914095126j:plain

拝殿の左右にいた狛犬さんにも前掛けが。

f:id:yasucom:20190914100844j:plain

f:id:yasucom:20190914100934j:plain

三間社流造の本殿を拝見。

f:id:yasucom:20190915094730j:plain

御朱印をいただいた後は、境内の摂末社をお参りしながら第一次世界大戦中、板東俘虜収容所に収容されていたドイツ兵が友好の証として建造したドイツ橋とめがね橋を見学しました。

f:id:yasucom:20190917094124j:plain

ドイツ橋は通行禁止となっており、歩くことができませんでした。

f:id:yasucom:20190915095248j:plain

心願の鏡池に架かるめがね橋へ。

f:id:yasucom:20190915095919j:plain

こちらは橋の上を歩くことができましたので、記念に歩いてみました。

f:id:yasucom:20190915100052j:plain

大麻山を登ってみました

最後に、大麻山山頂にある奥宮へ。

水などの飲料水は、神社入口のトイレ近くに自動販売機がありますので、ここで用意することができます。

拝殿右手から登山口を目指して出発。

f:id:yasucom:20190917095521j:plain

マムシ注意の看板が!

f:id:yasucom:20190917095911j:plain

林を抜けて歩道を左に進むと神饌田がありました。

f:id:yasucom:20190917100210j:plain

神饌田から奥の方へ進んで行くと登山口に着きました。

山頂まで1時間30分かかるそうです。

f:id:yasucom:20190917100357j:plain

またまたマムシ注意の看板!しかも、いきなり登山道が二つに分かれている。どっちを行けば良いのか迷いましたが、石段の方を選択しました。

f:id:yasucom:20190917101106j:plain

陽射しが強くて蒸し暑い。けっこう体力を削られます。日陰で水分補給しながら、しばし休憩。

f:id:yasucom:20190917101500j:plain

ずっと傾斜が続く。暑くて階段を登るのがきつくなってきた。

f:id:yasucom:20190917101958j:plain

時々景色を眺めながら休憩。

f:id:yasucom:20190917102238j:plain

山頂までまだ1キロもある…。

f:id:yasucom:20190917102951j:plain

真名井の水に寄るのは帰りにして、とにかく山頂を目指すことに。

f:id:yasucom:20190917103205j:plain

やっと、残り500mの地点まで来た。

f:id:yasucom:20190917103833j:plain

f:id:yasucom:20190920192838j:plain

あと200メートル!もう少し!!

でも、ここからの傾斜がきついんです。心臓バクバクいってます!!!

f:id:yasucom:20190920192923j:plain

f:id:yasucom:20190920193145j:plain

この先に奥宮が、そして山頂がある。

f:id:yasucom:20190920193554j:plain

やっと到着しましたー!

f:id:yasucom:20190920193946j:plain

狛犬さんに労ってもらいました。

f:id:yasucom:20190920194116j:plain

f:id:yasucom:20190920194141j:plain

f:id:yasucom:20190920194531j:plain

本殿は覆屋で保護されていました。

f:id:yasucom:20190920194757j:plain

写真を撮っていると、何やら視線を感じる。野生のタヌキかと思いましたが、何と猫さんが本殿に! 一体、どうやって来たのか。

f:id:yasucom:20190920195132j:plain

帰りに真名井の水に寄ってみました。涼しくて休憩するのに最適ですが、急坂で下るのもきつい。登りはもっと大変そう。帰りに寄ることをおすすめします。

f:id:yasucom:20190920200033j:plain

f:id:yasucom:20190920201159j:plain

下りは膝に痛みが出たので階段を避けました。

f:id:yasucom:20190920201727j:plain

地元のお年寄りが日常的に登っているのに脱帽しました。

体力に自信のある方は一度登られてみてはいかがでしょうか。

 

ご覧いただき、ありがとうございました。

 

大麻比古神社へのアクセス

JR高徳線板東駅」より徒歩20分

猫好きにはたまらない!徳島市の「猫神さん」王子神社

金長神社の次に訪れたのは、文化の森総合公園に鎮座する王子神社です。

御祭神は天津日子根命(あまつひこねのみこと)、お松大明神、お玉大明神。

創建年代は不詳。御祭神である天津日子根命は古くより根子神として祀られていました。江戸時代には阿波藩蜂須賀家家老の長谷川奉行家が代々崇敬したと云われています。別称の「猫神さん」は「阿波の化け猫騒動」から来ており、祟りを鎮めようと無実の罪で処刑された庄屋の娘お松と、愛猫お玉の霊をこの地に祀りました。いつしか「願い事を叶えてくれる猫神さん」となり、合格祈願・開運・商売繁盛の神様として知られ、親しまれるようになりました。

神社にはたくさんの招き猫、そして人馴れして可愛い猫さんがいました。

f:id:yasucom:20190831115929j:plain

階段を上がっていくと、さっそく猫さんがいましたよ!

この子は狛犬に扮しているのでしょうか…。

f:id:yasucom:20190831120340j:plain

社務所の側にも一匹いました。

大人しくて触っても嫌がりませんでした。

f:id:yasucom:20190831121329j:plain

こちらの黒猫さんは睡眠中。

f:id:yasucom:20190908094949j:plain

この日境内にいたのは3匹でしたが、社務所の中にもいるようでした。皆、お気に入りの場所で自由に過ごしている。見ているだけで癒されます。

さて、拝殿へ。

f:id:yasucom:20190908095656j:plain

拝殿内は招き猫だらけ。

f:id:yasucom:20190908100045j:plain

f:id:yasucom:20190908100159j:plain

拝殿の裏手に回ってみました。合格祈願の絵馬がたくさんあります。

f:id:yasucom:20190908100534j:plain

拝殿裏には天津日子根命の御陵があるようで、こちらで拝むことができるようです。

f:id:yasucom:20190909085821j:plain

f:id:yasucom:20190911095446j:plain

お松大明神とお玉大明神のお参りも忘れずに。

f:id:yasucom:20190911100003j:plain

こちらには「さすり猫さん」がいます。

住所、名前、願い事を心の中で言いながら、合格祈願なら頭、開運なら手、安産ならお腹をさすると願いがかなうそうです。

f:id:yasucom:20190911100603j:plain

こちらにも願い事を書いた絵馬がたくさん飾られています。

f:id:yasucom:20190911101044j:plain

社務所の玄関前にあったメッセージボード。

f:id:yasucom:20190911101311j:plain

最後に御朱印をいただきました。

月替わりでデザインが変わるようで、8月は阿波踊りバージョンでした。

毎月揃えたくなりますよね。

f:id:yasucom:20190911101651j:plain

猫好きにとってはたまりませんでしたね。お参りできて良かったです。

 

ご覧いただき、ありがとうございました。

 

王子神社へのアクセス

JR牟岐線「文化の森」駅より徒歩30分

徳島駅より市営バスまたは徳島バス「文化の森」下車