神社時々ねこ

神社LOVE、猫LOVE。一人旅大好なおっさんの不定期ブログです。

奈良県橿原市入鹿神社 全国で唯一蘇我入鹿を祀った神社

橿原市周辺は飛鳥時代の豪族蘇我氏ゆかりの地であり、今も「蘇我」・「曽我」といった地名が残っています。

その橿原市小綱にある入鹿神社は、大化の改新で知られる中大兄皇子中臣鎌足らによる乙巳(いっし)の変で暗殺された蘇我入鹿の首を祀った神社で、蘇我入鹿を神様として祀る神社は、全国でもこの神社だけだそうです。

首をはねられたということで、昔から首から上の病に霊験あらたかな神として信仰があるとか。

神社にあったパンフレットによると、明治政府から橿原神宮造営にあたり、神武天皇を祀る橿原神宮近くに逆臣である蘇我入鹿を神として祀るのは都合が悪いとして、祭神を素戔嗚尊に、社名を地名からとった「小綱神社」に改名するよう言われましたが、地元住民は拒否して社名と御祭神を守ったそうです。

歴史の教科書では悪逆非道な人物として登場しますが、地元では英雄として親しまれているようです。

 

近鉄大和八木駅が最寄駅。南口から徒歩で向かいました。

f:id:yasucom:20190331095547j:plain

踏切を渡って道をまっすぐ進んで、飛鳥川にかかる橋を渡ります。

f:id:yasucom:20190331102039j:plain

突き当りを左へ行くと案内看板がありますので、看板が差す矢印の方向へ進めば到着です。

閑静な住宅地の中にひっそりと佇んでいました。

f:id:yasucom:20190331102538j:plain

まずは拝殿で参拝します。

f:id:yasucom:20190331103106j:plain

扉にある覗き穴から中を窺うことができるようです。

写真もOKでした。

f:id:yasucom:20190331103458j:plain

入鹿像のレプリカ。

f:id:yasucom:20190331103828j:plain

何と、本殿にも行けるそうです!

f:id:yasucom:20190331104323j:plain

しかも撮影まで出来るとは!

f:id:yasucom:20190331104440j:plain

本殿。

造営は江戸時代初期とされ、1986年老朽化に伴い解体修理されました。

f:id:yasucom:20190331104739j:plain

中央の蛙股肘木の中には彫刻が施されています。

f:id:yasucom:20190331105025j:plain

造りは一間社春日造・檜皮葺。本殿は西向きとなっており、廃寺となった普賢寺の鎮守社であったことを偲ばせています。

f:id:yasucom:20190331105319j:plain

境内に建つ正連寺大日堂(元普賢寺)。

こちらも覗き穴から堂内を窺えます。堂内には鎌倉時代の作とされる大日如来像や肖像品が多数安置されていました。

f:id:yasucom:20190331105850j:plain

神社もきれいに管理されていて、地元の人達から親しまれているのが感じられました。

駅からも近いので一度訪れてみてはいかがでしょうか。

 

入鹿神社へのアクセス

近鉄橿原線大和八木駅」より徒歩8分

日本最古の神社のひとつ 石上神宮を訪ねる

3月21日から2泊3日で奈良県へ神社巡りの旅をしてきました。

天皇陛下の退位で平成ももうすぐ終わりということで、今回は第一代天皇である神武天皇をお祀りしている橿原神宮と、東征で危機を助けたという神剣「布都御魂剣」をご神体とする石上神宮がある山の辺・橿原エリアを訪ねることに。

 

一日目は、天理市にある石上(いそのかみ)神宮へ。

石上神宮は、「古事記」や「日本書紀」にも社名が出てくるほどの大変歴史のある古社のひとつで、豪族物部氏の総氏神として崇敬されました。

主祭神は石上大神(いそのかみのおおかみ)で、神話の国譲りで武甕雷神が用いた布都御魂剣に宿る布都御魂大神(ふつみたまのおおかみ)、物部氏の祖先邇藝速尊(にぎはやひのみこと)が天津神から授かった十種瑞宝(とくさのみずきたから)に宿る布留御魂大神(ふるみたまのおおかみ)、素戔嗚尊が八岐大蛇を斬ったという十握剣(とつかのつるぎ)に宿る布都斯魂大神(ふつしみたまのおおかみ)の三柱を総称した神様です。

天理駅から歩くこと約30分程で到着。

f:id:yasucom:20190328210514j:plain

境内に入ると、東天紅烏骨鶏など色々な種類のニワトリたちがお出迎えしてくれました。放し飼いされているようで自由に走り回っている。

f:id:yasucom:20190328215023j:plain

f:id:yasucom:20190330120103j:plain

社務所近くの庭にいたこの方は、ずっと一本足立ち。鍛えているのだろうか?

f:id:yasucom:20190330120429j:plain

手水所でお清めして社殿へ向かいます。

f:id:yasucom:20190403090356j:plain

f:id:yasucom:20190403090524j:plain

文保2年(1318年)に建立されたという楼門。昔は鐘楼門だったそうです。写真では分かりずらいですが、二重の正面に掲げられた木額の「萬古猶新」は山県有朋の筆によるもの。

f:id:yasucom:20190403090613j:plain

禁足地の前に建つ拝殿。厳かな雰囲気が漂っています。

f:id:yasucom:20190403091406j:plain

f:id:yasucom:20190403091451j:plain

御朱印をいただき、境内を散策。

天神社。

f:id:yasucom:20190403092223j:plain

七座社。

f:id:yasucom:20190403092255j:plain

出雲建雄神社。草薙剣の荒魂をお祀りしています。

f:id:yasucom:20190403092541j:plain

猿田彦神社

f:id:yasucom:20190403092746j:plain

天然記念物ワタカが棲息しているという鏡池

南北朝時代後醍醐天皇が都から吉野に逃れる途中、敵に見つかりそうになったためいななく馬の首を斬って池に投げ入れ、この馬がのちにワタカになったという伝説があります。

f:id:yasucom:20190403094324j:plain

f:id:yasucom:20190403093747j:plain

最後は、大鳥居を西に下り神宮外苑公園の向かい側にある神田(こうだ)神社へ。

熊野で危機にあった神武天皇に、高天原から下った布都御魂剣を渡した高倉下命(たかくらじのみこと)をお祀りしている神社です。

f:id:yasucom:20190403093002j:plain

f:id:yasucom:20190403104506j:plain

石上神宮には2時間くらいいてしまいました。とっても居心地が良かったです。

さて、お腹が空いたのでお昼は元幕内力士でプロレスリングノアで活躍した力皇さんのラーメン店「麺場力皇」へ。

人気店らしく行列ができていました。とても美味しかったです。

f:id:yasucom:20190403110332j:plain

この後は、宿泊するホテルがある橿原市の入鹿神社へ。

 

石上神宮へのアクセス

JR桜井線または近鉄天理線天理駅」より徒歩30分

奈良交通バス苣原行き「石上神宮前」下車、徒歩7分

安芸国一の宮 厳島神社

全国一の宮巡り 広島県厳島神社

2019年最初の一の宮巡りとして、一泊二日で厳島神社を訪れました。

訪れた日は、2月11日の建国記念日

7時羽田発の飛行機で広島空港へ。空港からはリムジンバスで広島駅に向かいます。

広島駅には45分程で到着しました。広島駅でJR山陽本線に乗って宮島口駅に移動します。

f:id:yasucom:20190215234509j:plain

駅を出て地下歩道を通ってフェリー乗り場のある宮島口桟橋へ。

いい感じの地下歩道です。

f:id:yasucom:20190216094741j:plain

宮島へ渡るフェリーは、JR西日本が運営する宮島フェリー宮島松大汽船の2つあります。料金はどちらも片道180円と同じ値段ですが、JRだけ時間帯によって大鳥居に最接近する「大鳥居便」を運航しているので、こちらの方が人気があるようです。ただし、大鳥居便は往路のみです。

f:id:yasucom:20190215234944j:plain

おっさんもJRで。

しかし、列の後方だったため展望の良いデッキ席はすでに埋まっていて座れませんでした。良い席は、次の便で先頭に並ばないとゲットできませんね。

瀬戸内海の波は穏やかで揺れが無く、快適でした。

f:id:yasucom:20190215235238j:plain

宮島までは10分程で到着。

f:id:yasucom:20190216100345j:plain

戦国時代には、毛利元就陶晴賢が戦った有名な厳島合戦の場所でもあります。

f:id:yasucom:20190218171411j:plain

そして、厳島神社といえばこのお方なしでは語れませんよね。

平安時代末期、隆盛を極めた平清盛公は、平氏氏神を祀る神社として篤く信仰し、現在の規模に建て替えたそうです。

f:id:yasucom:20190218172734j:plain

野生のシカが普通に街中を歩いている

島を歩いていると、まず、目につくのがシカさんたち。女性や子供に大人気で写真撮られまくりでした。人馴れしていて、野生だとは思えません。

f:id:yasucom:20190218172957j:plain

食べ物をつまみ食いして食器を散らかしたこのシカは、この後怒った女性の店員さんにドつかれました。

f:id:yasucom:20190218173134j:plain

潮が引き始めた夕方には、こんなところまでシカさんが。

f:id:yasucom:20190220225302j:plain

たくさんの参拝者でにぎわう日中の厳島神社

観光名所でもありますので、日中は外国人観光客や多くの参拝者が訪れます。

f:id:yasucom:20190221103618j:plain

平舞台から突き出した火焼前(ひたさき)は、人気のフォトスポットのようで行列が絶えませんでした。

f:id:yasucom:20190221103450j:plain

参拝入口で拝観料300円を支払い、社殿へ。

f:id:yasucom:20190221104414j:plain

先ずは「客(まろうど)神社」にご挨拶をしてから廻廊を進みます。

※昼間は人通りが激しくて撮影できなかったので翌朝7時に参拝して撮影しました。

f:id:yasucom:20190228092134j:plain

五重塔と客神社本殿。

f:id:yasucom:20190305090136j:plain

高舞台の両脇にいる狛犬さん。

f:id:yasucom:20190305095616j:plain

f:id:yasucom:20190305095656j:plain

平舞台や火焼前は人でいっぱいでしたので本殿へ。

f:id:yasucom:20190305095938j:plain

参拝後は御朱印をいただきました。

f:id:yasucom:20190221110452j:plain

出口に向かう途中にある能舞台

f:id:yasucom:20190228120409j:plain

反橋。

f:id:yasucom:20190228120754j:plain

出口から清盛神社に向かいました。

f:id:yasucom:20190228093852j:plain

平清盛公を祀る清盛神社

昭和29年創建と記載されていました。とたも静かで落ち着く場所です。

f:id:yasucom:20190221111143j:plain

未完成のまま現在に至る豊国神社(千畳閣)

お昼を食べた後は、五重塔に隣接する豊国(ほうこく)神社へ。拝観料100円かかります。

f:id:yasucom:20190221111932j:plain

豊臣秀吉戦没者慰霊のために安国寺恵瓊に命じて建立しましたが、途中で秀吉公が亡くなったため中断となりました。以降、天井の板張りや外構など未完成のままなのだそうです。

広さが畳千畳分に匹敵するほどから千畳閣とも呼ばれています。

誰もいなかったら、床に大の字に寝ころびたかった~。

f:id:yasucom:20190221112718j:plain

ライトアップされた夜の厳島神社と歩いていける大鳥居

宿で夕食を食べた後、散歩がてら夜の厳島神社へ。

この頃になると浜辺は完全に潮がひいていて、鳥居まで簡単に歩いていけます。

f:id:yasucom:20190228095530j:plain

f:id:yasucom:20190226231433j:plain

f:id:yasucom:20190228100012j:plain

昼間たくさんの人で賑わっていた火焼前は誰もいません。静かな社殿。神職の方が吹いている笛の音だけが聞こえています。

f:id:yasucom:20190228100140j:plain

夜は神秘的で格別です。

f:id:yasucom:20190305101800j:plain

f:id:yasucom:20190305102008j:plain

シカの姿も見当たらない。門前町もご覧の通りの静けさ。

f:id:yasucom:20190305102127j:plain

早朝参拝もおすすめです

翌朝もお参りしてしまいました。

まだ干潮だったので大鳥居へ。

f:id:yasucom:20190305102937j:plain

朝7時。参拝者が自分以外誰もいませんでしたので、人気スポットもじっくり見ることができました。

f:id:yasucom:20190305103226j:plain

鏡池

f:id:yasucom:20190305103507j:plain

火焼前も並ばずに撮影できますよ。

f:id:yasucom:20190305103636j:plain

早朝参拝もいいですね~。

f:id:yasucom:20190305104031j:plain

朝食を食べに宿に戻るときに砂浴び中の猫さんを発見。

f:id:yasucom:20190305104434j:plain

あっという間に出発の時間が来てしまいました。

f:id:yasucom:20190305110447j:plain

9時25分発のフェリー。乗客が少なくてガラガラでした。

f:id:yasucom:20190305110837j:plain

ありがとう宮島。次、来たときは弥山を登りたい。

f:id:yasucom:20190305111216j:plain

朝、昼、夜で雰囲気が違う厳島神社。宮島に一泊することをおすすめします。

門前町をぶらぶら散策したり、名物のもみじ饅頭やあなご、牡蠣などおいしい食べ物もあって楽しめますよ。

 

ご覧いただき、ありがとうございました。

 

【神  社  名】厳島神社

【所  在  地】広島県廿日市市宮島町1-1

【御  祭  神】市杵島姫命(いちきしまひめのみこと) 

         田心姫命(たごりひめのみこと)

         湍津姫命(たぎつひめのみこと)

【創     建】推古天皇即位の年(593年)

【アクセス】フェリー宮島桟橋から徒歩15分

       

 

 

三峯神社に初めて行ってきました

関東屈指のパワースポット三峯神社

1月14日、奥秩父三峰山に鎮座する三峯神社をお参りしました。

三峯神社へ行くのは今回が初めて。

せっかくなので、池袋へ出て西武線特急レッドアローで西武秩父駅へ向かいました。

f:id:yasucom:20190114222810j:plain

終点西武秩父駅からは、三峯神社行きの西武バスに乗り換えます。

秩父鉄道三峰口駅からもバスに乗れますが、混んでいる場合がありますので座席に座りたい方は、西武秩父駅でバスに乗った方が良いです。

バスの本数も少ないので、事前に時間を調べてください。

www.seibukankoubus.co.jp

乗り物酔いする人は、絶対に酔い止め薬を飲んでください!!!

道中、急カーブが多いので乗り物酔いしやすいです。こんなに魔のカーブがあるとは思ってもいませんでしたので、おっさんは完全にバス酔いしてしまいました。

バス停のベンチでしばらく休んでから神社へ。

途中には、秩父名物の「わらじカツ」や「みそポテト」など美味しそうな食べ物が。

名物を味わいながらお酒も飲むつもりでしたが、帰りのことを考えて飲食は控えました。

f:id:yasucom:20190114223114j:plain

鳥居前にやってきました。

こちらの鳥居は、全国的にも珍しい三ツ鳥居。

f:id:yasucom:20190118205659j:plain

その鳥居の前には、守護神である狛犬ならぬ狛狼が鎮座しています。貫禄ありますね。

f:id:yasucom:20190118205744j:plain

f:id:yasucom:20190118205805j:plain

鳥居をくぐって参道へ。

空気が冷たくて身が引き締まります。

f:id:yasucom:20190120104843j:plain

順路に従って、まずは隋身門から。

f:id:yasucom:20190120105132j:plain

f:id:yasucom:20190120105340j:plain

こちらにも狼さんがいました。

f:id:yasucom:20190120105444j:plain

f:id:yasucom:20190120105512j:plain

門を抜け、石灯籠が並ぶ参道を下ります。また雰囲気というか空気が変わります。

f:id:yasucom:20190120111207j:plain

この階段を上ると正面に社殿があります。上るときは左側通行のようです。

f:id:yasucom:20190120114055j:plain

拝殿。

きらびやかな彫刻に圧倒されます。

神社の創建年代は不明ですが、日本武尊が東征の折、当時の甲斐国から上野国を経て碓氷峠に向かう途中に山に登り、伊弉諾命と伊弉册尊を祀ったと伝えられています。

古くは修験の開祖である役小角が伊豆から往来して修行したとも云われており、山岳信仰の三峯講が広まった鎌倉時代には、畠山重忠新田義興などの武将から厚く崇敬されました。

f:id:yasucom:20190120114718j:plain

七年前の辰年に龍の姿が現れたという敷石を拝見することができました。

f:id:yasucom:20190120115008j:plain

f:id:yasucom:20190120115332j:plain

社務所御朱印をいただきました。初穂料は500円。

f:id:yasucom:20190120115445j:plain

拝殿前の両脇には、御神木の巨大な杉があります。

鎌倉時代の武将畠山重忠が寄進したものと伝えられています。

f:id:yasucom:20190120120627j:plain

f:id:yasucom:20190120120716j:plain

杉の木の凹んだ部分は、友人から聞いた話では、極真空手の創設者で漫画空手バカ一代の主人公大山倍達がここで修業したときの正拳突きによるものだとか。

そんな訳あるかと思いましたが、一般の人が長い間触り続けてこんなに凹むとは思えませんので本当なのかなぁ。

f:id:yasucom:20190120121022j:plain

境内には、三峯神社にゆかりの深い神様を祀っている摂末社がたくさん並んでいます。

f:id:yasucom:20190120121136j:plain

一番端にある大山祇神社

f:id:yasucom:20190120121242j:plain

ここの狼さんは、お賽銭をもらって嬉しそうです。

f:id:yasucom:20190120121519j:plain

f:id:yasucom:20190120121548j:plain

順路の最後は、大和武尊の銅像大山倍達の碑、妙法ヶ山頂にある奥宮を遥拝する遥拝殿へ。

f:id:yasucom:20190120121835j:plain

f:id:yasucom:20190120121930j:plain

f:id:yasucom:20190120122017j:plain

人気のあった毎月1日に頒布する「白い氣守り」は、大渋滞を起こして周辺地域に多大な影響を与えたため、残念ながら2018年6月以降中止となっています。

とても良い雰囲気の神社ですので一度お参りしてください。

乗り物酔いする人は、酔い止め薬を飲むのを忘れないようにしてくださいね。

 

ご覧いただき、ありがとうございました。

 

三峯神社へのアクセス

西武秩父駅より西武観光バス三峯神社方面行き1時間15分

 

駿河国一の宮 富士山本宮浅間大社

浅間信仰の総本社、富士山本宮浅間大社で富士山を拝む

12月27日、一泊二日で静岡県へ。お目当ては、富士山本宮浅間大社です。

 

主祭神は、浅間大神(あさまのおおかみ)こと木花之佐久夜毘売命(このはなさくやひめのみこと)。

社記によれば、第七代孝霊天皇の御代に富士山が大噴火し、周辺住民は離散し荒れ果てた状態が続いたため、これを憂いた第十一代垂仁天皇浅間大神木花之佐久夜毘売命)を山麓に祀ったのが創始と云われています。

大同元年(806年)に平城天皇の勅命で、坂上田村麻呂によって山宮から現在地に社殿が遷されました。永治元年(1141年)には神階正一位を授かり、駿河国一の宮として朝廷や源頼朝北条義時武田信玄・勝頼、徳川家康ら武将からも篤く尊崇されました。

 

浅間大社へは、新宿~甲府富士宮のルートで向かいました。

7時ちょうどのスーパーあずさ1号で、新宿を出発♪

f:id:yasucom:20190107095912j:plain

甲府駅身延線の特急ワイドビューふじかわに乗り換え。

予約していた指定席のある車両は、甲府発だと最後尾なんですね。

f:id:yasucom:20190107101540j:plain

富士宮に近づいてきました。

車窓から見る富士山に感動。新幹線より、こっちを選んで大正解ですね。

f:id:yasucom:20190108001918j:plain

富士宮駅を降りて浅間大社へ。

f:id:yasucom:20190108003347j:plain

富士山世界遺産センター前にある大鳥居の間からの富士山、そして池に映る逆さ富士。

富士山世界遺産センターは、残念ながら年末休館日で入れませんでした。

f:id:yasucom:20190108083807j:plain

f:id:yasucom:20190108085040j:plain

お宮横丁の脇の通りを抜けて、御手洗橋を渡ると到着です。

f:id:yasucom:20190108090048j:plain

本宮の境内へ。

f:id:yasucom:20190109105726j:plain

三之鳥居を抜けると朱色が映えるりっぱな楼門が。

楼門前の石段には、明治初年まで行なわれていた山宮御神幸の際、神鉾を休め奉ったという鉾立石と呼ばれる自然石があります。

f:id:yasucom:20190109110113j:plain

楼門をくぐると正面に拝殿と弊殿、本殿があります。

本殿を含む現社殿は、慶長九年(1604年)江戸幕府を開いた徳川家康造営によるもの。

f:id:yasucom:20190109110801j:plain

一度拝見したかった二重楼閣造の本殿。いや、素晴らしい。

f:id:yasucom:20190109111353j:plain

御朱印をいただき、境内を散策しました。

社務所前にあるしだれ桜は信玄桜と呼ばれ、武田信玄が寄進したと伝わります。

春にはきれいな桜が咲くのでしょうね。

f:id:yasucom:20190109115709j:plain

湧玉池へ。

池の水は、富士山からの伏流水が湧き出したものです。

f:id:yasucom:20190109120159j:plain

池には、御井神と鳴雷神を祀る末社の水屋神社があります。

f:id:yasucom:20190109120319j:plain

ペットボトルを持参すれば、湧水を持ち帰ることができるようです。

f:id:yasucom:20190112201809j:plain

最後は、神路橋を渡り厳島神社をお参り。

f:id:yasucom:20190112202715j:plain

f:id:yasucom:20190112202927j:plain

お昼は、門前にある屋外フードコートお宮横丁で。

f:id:yasucom:20190112203009j:plain

食べるなら「富士宮やきそば」でしょう!

すぎ本さんのソースと塩のハーフ&ハーフをおつまみにビールを。昼間っから、すみませんね~。

f:id:yasucom:20190112203341j:plain

天気にも恵まれて、富士山を拝むことができて最高でした。

いつかは霊峰富士山にある奥宮を登拝してみたいですね。

ご覧いただき、ありがとうございました。


富士山本宮浅間大社へのアクセス

JR身延線富士宮駅」より徒歩10分

 

 

越中国一の宮 氣多神社

全国一の宮巡り 富山県高岡市氣多神社を参拝

2日目は、氣多神社を訪れました。

高岡駅からJR氷見線に乗って伏木駅へ。

ポストの上には、さりげなく小さな大伴家持がいる。

万葉集で有名なあの歌人が何でこんな地方にと思うかもしれませんが、奈良時代にはこの地に国府がありまして、大伴家持が5年間国守として滞在していました。

f:id:yasucom:20190101202621j:plain

駅前には、「勧進帳」で有名な弁慶と義経のワンシーンを描いた銅像もあります。

元々は「如意の渡し」と呼ばれていた渡船場に建っていたのですが、伏木万葉大橋開通に伴い廃止となったため、こちらに移設されたそうです。

f:id:yasucom:20190101223500j:plain

越中国守館跡を過ぎると、今度は道路の一画に大きな家持の銅像が。

f:id:yasucom:20190101223954j:plain

国道415号に出て国分方面へ歩いていくと、氣多神社口があります。

ここを真っ直ぐ行き、越中国分寺跡の奥を進むと到着です。

f:id:yasucom:20190105102721j:plain

氣多神社の御祭神と由緒

御祭神は、大己貴命(おおなむちのみこと)と奴奈加波比売命 (ぬなかわひめのいみこと)です。

創建には、ふたつの説があります。ひとつは養老2年(718年)に行基が創建したとあり、もうひとつは天平年間(757~764年)に能登国から分立する際、氣多大社から勧請したとも云われています。

盛時には越中一の宮として境内の周囲に神宮寺である徳証寺をはじめとする大伽藍が並立していましたが、木曽義仲上杉謙信の兵火に罹り二度焼失。その後、前田家の厚い庇護のもと社領の寄進などが行なわれました。

 

参道の前には、手水舎と清泉があります。

f:id:yasucom:20190102234750j:plain

澄んでいて本当にきれいな水です。

f:id:yasucom:20190102234615j:plain

それでは、お参りしましょうか。

f:id:yasucom:20190103122541j:plain

f:id:yasucom:20190105103943j:plain

境内の参道には沢山の燈籠が並んでいます。

f:id:yasucom:20190105113635j:plain

人の気配がまったくありませんね。とても静かで何だか落ち着きます。

f:id:yasucom:20190105113856j:plain

まずは社殿に行き、参拝を。

f:id:yasucom:20190105114103j:plain

f:id:yasucom:20190105114223j:plain

参拝後は、国の重要文化財に指定されている本殿を拝見しました。

室町時代に再建されたもので、柿葺の三間社流造、正面に一間の向拝が設けられた大変歴史ある建物です。

f:id:yasucom:20190105114633j:plain

境内には、大伴家持を祀ったその名もズバリ「大伴神社」があります。

f:id:yasucom:20190105122527j:plain

境内の一角にある越中総社跡伝承地へ。

越中国内の有力諸社の神霊を集めて祀ったという総社が建立されていた神域であると伝えられています。

f:id:yasucom:20190106225713j:plain

最後は、御朱印を頂きに社務所へ。

f:id:yasucom:20190106231817j:plain

事前に電話をして御朱印をお願いしたのですが、残念ながら書き置きしかやっていませんでした。

留守なのか、こちらも人の気配まるで無し。

直筆で頂きたかったなぁ。

f:id:yasucom:20190106232046j:plain

氣多神社のお参り後は、越中国分駅から終点の氷見駅へ。ひみ番屋街でグルメと温泉を堪能しました。

行きも帰りも「忍者ハットリくん列車」に乗ることができましたよ。

氷見市藤子不二雄A先生の出身地。車内アナウンスの声もハットリくんという凝りよう。

f:id:yasucom:20190106232712j:plain

f:id:yasucom:20190107091159j:plain

f:id:yasucom:20190107091235j:plain

駅からも歩いていける距離なので参拝してみてはいかがでしょうか。

室町時代に再建された本殿は必見ですよ。

 

ご覧いただき、ありがとうございました。

 

氣多神社へのアクセス

JR氷見線伏木駅」または「越中国分駅」より徒歩20分

越中国一の宮 射水神社

全国一の宮巡り 富山県高岡市射水神社を参拝

髙瀨神社の次は、高岡城本丸跡に鎮座する射水神社を訪れました。

高岡城は日本百名城のひとつで、慶長14年(1609年)第二代加賀藩前田利長公が隠居して移り住んでいた富山城が大火によって焼失したため、関野と呼ばれていた現在地に築城されました。

縄張りは、前田家に客将として庇護されていたキリシタン大名高山右近と云われています。

古城公園の大手口には、その高山右近銅像が建っていました。

f:id:yasucom:20181220205926j:plain

射水神社がある本丸跡に向かう途中にある石垣。

二の丸と本丸を結ぶ土橋の石垣は、当時の名残としていまも健在しています。説明書きによると、石にはいろいろな文字や文様が刻印されており、キリシタンに関係あるとか石工が目印に付けたという説がありますが、定かではないようですね。

f:id:yasucom:20181230085234j:plain

射水神社に着きました。

明治8年に現在地に遷されたそうですが、もともとは富山湾を見下ろす標高274mの二上山山麓に、この地を治めていた豪族「伊弥頭国造(いみずのくにみやつこ)」の祖神とされる二上神(ふたかみのかみ)を祀ったのが始まりとされます。

f:id:yasucom:20181203232917j:plain

現社殿は、明治35年に再建されたもの。

f:id:yasucom:20181203233050j:plain

f:id:yasucom:20181203233137j:plain

御朱印をいただいて、公園内を散策してみることに。

本丸広場に建つ前田利長公の像。

f:id:yasucom:20181230110714j:plain

古城の滝と朝陽の滝。

f:id:yasucom:20181230111351j:plain

f:id:yasucom:20181230111546j:plain

本丸を囲む濠には、鮮やかな紅葉が。自然豊かで癒やされました。

f:id:yasucom:20181230112604j:plain

f:id:yasucom:20181230112924j:plain

時間があれば、もとの鎮座地二上山も一度訪れてみたいですね。

 

ご覧いただき、ありがとうございました。

 

射水神社へのアクセス

JR北陸線高岡駅」より徒歩10分