読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

神社時々ねこ

神社LOVE、猫LOVE。一人旅大好なおっさんの不定期ブログです。

中山神社 さいたま市見沼区中川

レイラインで有名なパワースポット中山神社(中氷川神社)へ

5月18日、さいたまスーパーアリーナけやき広場「春のビール祭り」に行く前に、中山神社を訪れました。

グーグルマップで検索すると、さいたま新都心駅からは徒歩44分です。

往復約1時間30分か。この後ビール祭りで地ビールを飲む予定なのでカロリーを消費しておくにはちょうど良い距離かも。

 

首都高速埼玉新都心線沿いを歩きます。芝川に近づくにつれて、高架下には見沼たんぼ固有の生態系を復元するために整備されたというビオトープがありました。この区画にはキツネやタヌキの他、ホオジロなどの野鳥が多数生息しているそうです。鳥はけっこういましたね。

f:id:yasucom:20170520064333j:plain

芝川を渡ると田畑が広がるのどかな風景。

f:id:yasucom:20170520065516j:plain

ようやく一の鳥居に到着。

土地勘がないと迷いますね。

f:id:yasucom:20170518221732j:plain

形は両部鳥居。幅は狭い。車が通るには厳しいため横に道路が設けられたのでしょうね。

ここから真っ直ぐ進んで第二産業道路を渡ると神社への入口があります。

f:id:yasucom:20170518221932j:plain

静かで良い雰囲気の参道ですね。

f:id:yasucom:20170518222137j:plain

二の鳥居。

f:id:yasucom:20170518222210j:plain

鳥居の扁額は、中山神社ではなく氷川神社と刻まれています。

f:id:yasucom:20170518222234j:plain

かつては中氷川神社と呼ばれていましたが、明治40年7月、山村神社などを合祀して社名を現在の中山神社に改めました。

中氷川の由来は、見沼に面した高鼻、三室(浦和)、中川の地に氷川社があり、高鼻に鎮座する大宮氷川神社と三室に鎮座する氷川女體神社の中間にあったことから中氷川と名付けられたそうです。

ご祭神は、大己貴命(おおなむちのみこと)。大国主神の異称で、素戔嗚尊奇稲田姫の子孫です。

この関係から、素戔嗚尊を祀る大宮氷川神社を男体宮、奇稲田姫を祀る女體神社を女体宮、子孫の大己貴命を祀る中山神社を簸王子(ひおうじ)宮とも呼んでいます。

また、この三社は一直線に並んでおり、レイラインとしても有名なパワースポットです。

f:id:yasucom:20170518222302j:plain

緑に囲まれた境内はとても静寂でした。何だか心地良い。

中山神社狛犬

f:id:yasucom:20170518222338j:plain

こちらの狛犬は雌でしょうか。子供にお乳を飲ませているような感じ。

f:id:yasucom:20170518222405j:plain

社殿前にある小さな石碑。「御火塚」と刻まれています。

毎年12月8日に鎮火祭という、炊き終わった炭火の上を素足で渡り無病息災や火難がないよう祈願する神事が行われていましたが、現在は中断されているようです。

こういう伝統行事は残してほしいですね。早く復活してほしいです。

f:id:yasucom:20170520091520j:plain

社殿。ちょうど御扉が開けられていましたので中を拝見。

f:id:yasucom:20170518222437j:plain

後ろに参拝者が来ていることも気づかず、しばらく見入ってしまいました。

f:id:yasucom:20170518222522j:plain

現社殿の裏にある覆屋の中には、奥殿(旧社殿)が保管されています。

社殿の祖形といわれる見世棚造りから流造りに発展していく過渡期の遺構だそうで、室町末期から安土桃山期にかけて建てられた最古の建造物です。

f:id:yasucom:20170518222559j:plain

5月4日に女體神社をお参りしたので、いつかはお参りしたいと思っていた神社。規模は小さいながらも良い佇まいの神社でした。

さて、この後は春のビール祭り!お参りしたので美味しいビールが飲めました!

※ビール祭りの後、大宮氷川神社にもお参りしました。

 

中山神社のアクセス

JR京浜東北線さいたま新都心駅」下車、徒歩44分。

 さいたま新都心駅東口より東武バス富士見ヶ丘」下車、徒歩2分(片道210円)

 

北斗神社 長野県諏訪市

登ってみるべし!北斗神社

4月27日に、諏訪大社上社前宮から本宮に向かう途中に寄った北斗神社を紹介します。

ご祭神は、天御中主神(あめのみなかぬしのかみ)。

古事記」の天地開闢で、天と地という世界が初めて誕生したときに現れた五柱の神々の一柱。男女の性別が無い独神(ひとりがみ)で、天地開闢の際、そのまま身を隠してしまったとてもシャイな神様です。

 

見てください!この急傾斜の200段ある階段!

f:id:yasucom:20170512000750j:plain

鳥居をくぐると、このような看板が。

可愛い顔して挑発している!

よ~し、登ってやろうじゃないか!

f:id:yasucom:20170512000849j:plain

手すりが無いので、きつい…。

高いところ、あまり得意ではありませんので気を引き締めて登ります。

f:id:yasucom:20170512001205j:plain

訪れた日は、補強工事の最中でした。

作業員は、この階段を毎日上り下りしているのでしょうか。尊敬します。

f:id:yasucom:20170512001245j:plain

最上部に到着。

文政8年(西暦1825年)、諏訪大社下社秋宮を造営した宮大工、立川和四郎富昌に学んだ白鳥弥四郎が手がけたものと伝えられる本殿。

f:id:yasucom:20170512001356j:plain

造営や修築に、この急坂を資材を担いで登った当時の人々は凄い。

ここから諏訪市全域が展望できます。

f:id:yasucom:20170512001430j:plain

あまり長居しては工事の邪魔になるので帰ります。

さて、下りはもっと神経を集中せねば。

f:id:yasucom:20170512001135j:plain

無事に下りることができましたよ。

f:id:yasucom:20170512001551j:plain

足腰に自信のある方は、ぜひお参りしてみて下さい。

それでは、また。

 

 

氷川女體神社の祇園磐船龍神祭に行ってきました

龍神祭と祇園磐船祀り

5月4日、見沼の地域ガイド主催の龍神行列ツアーに参加し、氷川女體神社の祇園磐船龍神祭(ぎおんいわふねりゅうじんさい)を見てきましたので、ご紹介します。

 

この日はゴールデンウィーク真っ只中。さらに浦和レッズの試合や近隣でイベントがあるため道路は渋滞。予定時刻を30分ほど遅れて路線バスがようやく来ました。

総持院のバス停で下車し、見沼代用水沿いから見事な竹林が広がる斜面林の中を歩き、龍神行列のスタート地点である国昌寺へ。

いざ、龍神行列!

国昌寺の山門。この門から龍神行列が出発します。

f:id:yasucom:20170510071423j:plain

山門の欄間にある龍の彫刻は、左甚五郎作と伝えられています。

f:id:yasucom:20170510090537j:plain

この彫刻には、見沼の主である龍が封じ込められており、あるとき、葬儀で門を通った棺が急に軽くなったので中を見てみると空になっていました。村人たちは彫刻に封じ込められた龍の仕業ではないかと噂し、以後門は閉じられるようになったそうです。

f:id:yasucom:20170510100444j:plain

境内にはビニール製の龍がスタンバイ中。

f:id:yasucom:20170510100858j:plain

住職さんがお経を唱え、龍神祭が始まりました。

続いて、地元の竜神会の方々がご焼香します。

そして……

f:id:yasucom:20170510101432j:plain

開かずの門が開き、龍が登場しました!

先ほどのビニール製の龍と違うタイプ。この龍の後にビニール龍が登場し、2体で練り歩きます。

f:id:yasucom:20170510101619j:plain

龍神祭のときは開かずの門を通ることができるようです。貴重な体験!

龍神行列は見沼代用水東縁から見沼大橋を練り歩き、氷川女體神社へと向かいました。

f:id:yasucom:20170510103345j:plain

f:id:yasucom:20170510103419j:plain

女體橋ではご婦人達が和太鼓を鳴らして龍をお出迎え。

見物者が続々と境内に入っていきます。

f:id:yasucom:20170510103857j:plain

先に神社に到着した龍神は、いったんひと休み。

f:id:yasucom:20170510104054j:plain

それにしても、以前訪れたときは閑散としていた境内に、こんなに人がたくさん来て賑わっている。お祭りって良いですね。

祇園磐船祀り

午後になり、公園の隣にある磐船祭祭祀遺跡へ巫女さんたちが移動します。

f:id:yasucom:20170510104615j:plain

祭祀場には祭壇が設けられ、厳粛なムードが漂う。

f:id:yasucom:20170510105619j:plain

ガイドさんによると年々見物者が増えており、今年は特に多いそうです。

祭祀場は広くないのでキャパシティが限界かも。

ちなみに、祭壇前の通路は神様の通り道。祭祀中はここに立ってはいけません。カメラに夢中のおじさん達が神主さんに注意されました。

 

宮司さんの祝詞奏上。

f:id:yasucom:20170510235100j:plain

次に、総代さんたちが四方拝。塩や御神酒などを撒いてお清めをします。

そして、この祭祀のメインとも言うべき、巫女さんの舞。

f:id:yasucom:20170511000134j:plain

優雅ですね~。

見物者が多くて写真を撮るのに苦労しました。

舞の後には、江戸時代、見沼の通船堀を行き来する船頭たちに唄われてきたという「舟歌」と和太鼓が奉納されました。

最後は、神主さんや総代さん、巫女さん達と龍神が公園を半周し、女體神社に帰って終了となりました。

f:id:yasucom:20170511003018j:plain

f:id:yasucom:20170511003148j:plain

境内では、社殿をバックに関係者の皆さんが集合写真。

我々見物者も記念に撮らせていただきました。

 

帰途、公園に寄ると役目を終えたビニール龍がぐったり。

お疲れ様でした!

f:id:yasucom:20170511072445j:plain

祇園磐船龍神祭、とても良かったです。あまり大々的ではないところも個人的に好きです。

来年は龍の担ぎ手として参加してみたいですね。

興味をもった方は、来年訪れてみてください。

それでは、また。

 

氷川女體神社のアクセス

JR武蔵野線東浦和駅」より国際興業バス「芝原小学校」下車、徒歩10分。

 

 

 

信濃国一の宮 諏訪大社(上社前宮と本宮)

信濃国一の宮諏訪大社を巡る 上社編

2日目は、諏訪大社上社をお参り。

上諏訪駅のビジネスホテルをチェックアウトし、茅野(ちの)駅へ。

駅の西口を出てベルビアという商業施設の前の通りに出ると、大鳥居を発見。柱にある標石を見ると参拝道と刻まれている。

f:id:yasucom:20170505234151j:plain

どうやら、ここが正式な参拝ルートのようですね。

グーグルマップのルートとは違うが、この参拝道を通って上社前宮を目指しました。

上川にかかる神橋を渡り、国道152号へ。

歩くこと30分。上社前宮に到着。

f:id:yasucom:20170506072053j:plain

むむ!?平日の午前9時前なのに駐車場にけっこう車が停まっている。

f:id:yasucom:20170506072259j:plain

一の鳥居。どことなく風格が感じられる。狛犬も迫力がありますね。

しかし、駐車している車の数に比べて参拝者が少ない。

f:id:yasucom:20170506072851j:plain

鳥居をくぐり、階段を上った左手にあるのは十間廊(じっけんろう)。

f:id:yasucom:20170506235108j:plain

昔は神原廊(ごうばらろう)と呼ばれ、たくさんの貢物がここに供えられたようです。

右手には、内御玉殿(うちみたまでん)。

f:id:yasucom:20170507000414j:plain

この社には、諏訪明神の祖霊が宿った神宝が納められていたそうです。

案内書きを呼んでいると、神主さんと総代さんの一団がぞろぞろと下りて来ました!

後から知りましたが、この日は月次祭でした。

なるほど、それで車が多かったわけだ。

内御玉殿の前に整列すると、皆深いお辞儀。

厳粛なムードに圧倒されて写真を撮るのを控えてしまいました。後から一人で来た神主さんが礼拝しているところを失敬して。

 

上社前宮本殿へ

ゆるい坂道を上り、前宮本殿へ。周囲には民家と畑があり、のどかな雰囲気。

f:id:yasucom:20170507002030j:plain

前宮本殿。

主祭神である建御名方神が最初に居を構え、諏訪大社発祥の地と伝承された場所。

いや~、風格がありますね。

f:id:yasucom:20170507062905j:plain

本殿の手前にある「水眼(すいが)の清流」。

f:id:yasucom:20170507063005j:plain

下社春宮の浮島に流れる川もそうですが、水が本当にきれい!

 

上社本宮へ

本宮へは歩いて30分程です。

途中で北斗神社に寄りました。こちらは別で紹介します。

北参道から境内へと入ります。

f:id:yasucom:20170508223524j:plain

手水舎の隣りには、神明湯という温泉が湧き出ている手水があります。

f:id:yasucom:20170509075546j:plain

一の御柱

f:id:yasucom:20170508224130j:plain

このまま正面の石段を上って拝殿へ行ってしまいそうですが、本宮には参拝の順路があります。

まずは、一の御柱を左へ進みます。

f:id:yasucom:20170508225448j:plain

進んでいくと神楽殿があります。文政10年(西暦1827年)建立。

舞台にある大きな太鼓が鳴るのは元旦の朝のみだそうです。

f:id:yasucom:20170509073155j:plain

神楽殿の隣りには土俵が。

毎年9月15日に十五夜相撲神事が行なわれます。

f:id:yasucom:20170509073846j:plain

ニの御柱と大欅。

f:id:yasucom:20170509074146j:plain

入口門の近くにある出雲社から、三の御柱を遥拝することができます。

f:id:yasucom:20170509074506j:plain

この入口門の回廊はすばらしいですね!わたくしは、三回往復しました!

長い回廊の脇には建物が並んでいます。その中のいくつかを紹介します。

まず入口にあるのが絵馬堂。

f:id:yasucom:20170509080309j:plain

全国の崇敬者から寄進された絵馬や額が展示されています。

f:id:yasucom:20170509080816j:plain

ちゃんと父神もお祀りされています。摂社の大国主社。

f:id:yasucom:20170509081408j:plain

四脚門(よつあしもん)。

かつては大祝(おおほうり)という神職だけが、硯石と呼ばれる磐座へ登るときに通れる門でした。

天正10年(西暦1582年)に焼失してしまいましたが、その後江戸幕府を開いた徳川家康大久保長安に命じて再建。天正10年といえば、織田信長の軍勢が武田領に侵攻し、武田勝頼が滅亡した年。

 

回廊を渡り、拝殿の宮域内へ。

f:id:yasucom:20170509091321j:plain

ここの手水も温泉です。苔の生え具合も良い感じ!

f:id:yasucom:20170509091935j:plain

こちらが参拝所。

f:id:yasucom:20170509092122j:plain

奥にあるのは弊拝殿。左右に片拝殿、中央に拝殿、拝殿の奥に弊殿という造り。

f:id:yasucom:20170509092535j:plain

宝物殿の横から四の御柱を遥拝できました。

最後に社務所で御朱印をいただきました。初穂料は500円。

 

遅い昼食は、茅野駅にある立ち食いそば「白樺」さんで。

f:id:yasucom:20170509202722j:plain

鹿肉そばの特上をいただきました。値段は540円。

f:id:yasucom:20170509202649j:plain

ちょっと贅沢。

とっても美味しかったですよ!

f:id:yasucom:20170509202929j:plain

次は6年後の御柱祭に訪れたいと思います。

それでは、また。

 

諏訪大社上社へのアクセス

上社前宮 中央本線茅野駅」下車、徒歩30分。

上社前宮 中央本線茅野駅」下車、徒歩45分。

  

信濃国一の宮 諏訪大社(下社秋宮と春宮)

信濃国一の宮諏訪大社を巡る 下社編

諏訪大社は、日本国内に一万余あるという諏訪神社の総本社。諏訪湖の南北に上社と下社に分かれ、さらに上社は前宮と本宮、下社は春宮と秋宮に分かれています。創建は不明ですが、もっとも古い神社のひとつ。

主祭神建御名方神(たけみなかたのかみ)とその妃神である八坂刀売神(やさかとめのかみ)。

建御名方神出雲大社に祀られている大国主神御子神で、「古事記」の国譲りで高天原から派遣された建御雷神(たけみかづちのかみ)と力比べの勝負をした勇猛な神。

7年ごとに行なわれる御柱祭は有名ですよね。

今回は一泊二日で長野県の諏訪大社を訪れました。初めての諏訪大社。楽しみです!

新宿駅から中央本線「特急あずさ」で下諏訪駅へ。

下諏訪駅には3時間で到着。まずは下社の秋宮へ向かいます。

f:id:yasucom:20170429225446j:plain

駅舎を出ると、早速、諏訪大社のシンボルのひとつ御柱がありました!

諏訪大社下社秋宮

駅から徒歩12分程で秋宮に到着。

f:id:yasucom:20170501074321j:plain

境内の外にある手水舎で手と口を清めます。

鳥居をくぐって境内を進むと、まず視界に入ってきたのは巨大な杉の木。

f:id:yasucom:20170503074120j:plain

この杉の木は「根入りの杉」といわれており、丑三つ時になると枝先を下げて寝入り、いびきが聞こえるそうです。

そして、正面に見えるのが神楽殿。天保六年(西暦1835年)、諏訪地方を中心に活躍していた立川流の宮大工、二代立川和四郎富昌によって造られました。

f:id:yasucom:20170501085906j:plain

長さ13mある注連縄は出雲大社型の注連縄では日本一を誇り、両脇の狛犬も青銅製のものでは高さ日本一だそうです!

神楽殿の奥にあるのが幣拝殿。

f:id:yasucom:20170501180918j:plain

安永十年(西暦1781年)に建立。神楽殿とともに国の重要文化財に指定されている歴史のある建物。彫刻に魅入ってしまいました。

幣拝殿の奥に見える建物は、境内ガイドを見ると宝殿と記されています。

f:id:yasucom:20170501222433j:plain

自然信仰の諏訪大社には本殿がありません。代わりに秋宮ではイチイの木を御神木として拝しているとのこと。

諏訪大社のシンボルともいうべき四本の御柱も見ることができました。

けっこう大きいですね。御柱祭見物してみたい!

境内の散策を終えて、鳥居近くに鎮座する秋宮恵比寿社と千尋社の末社をお参りしているとオルゴールの音色が。

f:id:yasucom:20170429232618j:plain

どうやら手水舎の隣りにあるオルゴール塔が鳴ったようです 

正時になるとオルゴールが鳴りますので聞いてみてください。近くには日本電産サンキョーのオルゴール記念館がありますので興味のある方は寄ってみてはいかがでしょうか。 

諏訪大社下社春宮

中山道の大社通りを進み、春宮大門へ。

こちらにある大鳥居から春宮を目指します。

f:id:yasucom:20170504065139j:plain

大門通りを歩いてゆくと道の真ん中に「下馬橋」が。

f:id:yasucom:20170504065732j:plain

下社で最も古い建造物。昔はどんなに身分の高い人もこの橋の前で馬や籠から降りて参拝したそうです。

それにしても別の場所に移されず、道路の真ん中にそのまま大切に残されているって、すごい! 

春宮に到着。

f:id:yasucom:20170504072218j:plain

鳥居をくぐると正面には神楽殿が。

f:id:yasucom:20170504233850j:plain

現在の建物は昭和11年に改修されたもの。

神楽殿の近くにある「結びの杉」。

f:id:yasucom:20170504234235j:plain

梢が二又に分かれていますが、根元でひとつになっていることから縁結びの杉と呼ばれています。

神楽殿の奥は幣拝殿。

f:id:yasucom:20170505065244j:plain

幣拝殿と左右にある片拝殿は、安永9年(西暦1780年)造営。 秋宮より幅が短い。

改めて御柱を見るとその大きさに圧倒されます。

f:id:yasucom:20170505065925j:plain

これをしっかりと固定するのも大変そう。ちなみに、春宮の御神木は「杉の古木」。

春宮をお参りした後は、「万治の石仏」へ。境内から行くことができます。

f:id:yasucom:20170505071338j:plain

川の間にある浮島神社を通ります。

f:id:yasucom:20170505071851j:plain

奥の赤い橋を渡り先を進むと万治の石仏があります。

f:id:yasucom:20170505072050j:plain

先にお参りしている人が、何で石仏の周りをぐるぐる回っているのかと思ったら、正式なお参り方法があったのですね。

f:id:yasucom:20170505072455j:plain

わたくしも願い事がかなうよう、このようにお参りしてみました。

よろしくお願いいたします!!!

ここから川沿いを下ったところに岡本太郎揮毫の碑があります。

f:id:yasucom:20170505073104j:plain

川の水も澄んでいてとてもきれいでした。

橋の上から浮島を撮影。

f:id:yasucom:20170505073304j:plain

諏訪大社下社周辺は見るところがけっこうあります。

わたくしは、武田信玄ゆかりの矢除石がある慈雲寺と赤報隊隊長相楽総三のお墓へ行きました。こちらはまたの機会に書きたいと思います。

それでは、また。

 

諏訪大社下社へのアクセス

下社秋宮 JR中央本線下諏訪駅」下車、徒歩12分

下社春宮 JR中央本線下諏訪駅」下車、徒歩20分

調神社 埼玉県さいたま市浦和区

浦和レッズの本拠地にあるパワースポット調神社

浦和といえば、サッカーJリーグ浦和レッズの本拠地。

浦和レッズの選手やスタッフが必勝祈願に訪れることで有名な神社です。

今回は、さいたま市浦和区に鎮座する調神社(つきじんじゃ)を訪れました。

 

最寄駅はJR「浦和駅」。

西口を出て歩くこと約10分、県道213号線沿いに調神社があります。

境内の入口。あれ?鳥居がありませんね。

f:id:yasucom:20170404224413j:plain

そうなんです。ここ調神社には鳥居がないのです。

神社の七不思議のひとつにあげられていますが、昔、神社は伊勢神宮に奉納する初穂を保管する倉庫群の中にありました。その奉納物を運搬する妨げになるということで鳥居が作られなかったと伝えられています。

昔ここは租税の集積所だったのですね。

それにしても伊勢神宮への奉納物って、いったいどのくらいあったのでしょうか…。

 

御祭神は、天照大神豊宇気姫命素戔嗚尊の三柱。

調宮縁起によれば、第十代崇神天皇の勅命により創建されたとあります。

延長5年(西暦927年)に編纂された延喜式神名帳には、武蔵国四十四座のうちの一社として記載されています。とても歴史のある神社なのですね。

 

それでは、境内に入ってみましょうか。

f:id:yasucom:20170404224345j:plain

境内入口の狛兎もそうですが、手水舎にも兎の石像があります。

調(つき)が月と同じ読みなので月神の神使(つかわしめ)である兎像が設置されているのです。

f:id:yasucom:20170405230839j:plain

こちらが社殿。

本殿と拝殿が一体となった権現造です。現社殿は江戸時代末期に造営されました。

f:id:yasucom:20170405233331j:plain

神池近くにある神楽殿。

f:id:yasucom:20170406060858j:plain

神池。池の中心部にも兎の石像がありましたよ。

f:id:yasucom:20170406230356j:plain

池の側にある橋を通り稲荷社へ。

f:id:yasucom:20170407092130j:plain

元は調神社の旧本殿だそうです。

f:id:yasucom:20170407092550j:plain

 

御朱印は、社殿の隣りにある社務所でいただけます。

初穂料は500円。他の神社と比べるとお高い。

f:id:yasucom:20170407093024j:plain

 

地元の方に親しまれている良い神社。平日のお昼でも参拝に訪れる人の姿が見られました。

境内にはベンチがありますのでのんびりできますよ。

一度訪れてみてはいかがでしょうか。

 

調神社へのアクセス

JR「浦和駅」徒歩10分 

 

櫻木神社 千葉県野田市

しょうゆの街野田市にある櫻木神社

野田市といえば皆さんは何をイメージするでしょうか。

ほとんどの人が「しょうゆ」をイメージすると思います。

しょうゆ最大手のキッコーマン株式会社はこの地で創業し、本社も野田市にかまえていますからね。

工場見学も良いのですが、わたくしの目的地は「神社」です。

そして、この季節は境内や参道に植えられた桜が咲いて最も華やかに演出されます。

「神社」「桜」。これを見ると日本に生まれて良かったとつくづく思いますよね。

 

さて、今回は千葉県野田市に鎮座する櫻木神社を訪れました。

この神社には、日本三大桜のひとつである福島県三春町の「三春滝桜」の実生クローン種の桜が植えられています。

福島県は我が故郷。幼い頃に一度だけ家族と親戚で三春滝桜を見たことがあったっけ。

 

訪れた日は3月28日。

最寄駅の東武アーバンパークライン野田市駅」で下車し、歩いて向かいました。

f:id:yasucom:20170328215835j:plain

改札を出て駅舎の左脇にある「ミニストップ」前の通路を通ります。

f:id:yasucom:20170328220322j:plain

県道46号。踏切手前の電柱に神社への案内がありますので、矢印の方向に従って道路を渡ります。

f:id:yasucom:20170328220612j:plain

道路を渡ったら駐輪場と住宅地の道を直進し、突き当りを右折します。

f:id:yasucom:20170328221622j:plain

次に電柱を左折します。

f:id:yasucom:20170328221957j:plain

案内看板の指示通り道路を渡ります。神社まであと少し。

f:id:yasucom:20170328222447j:plain

f:id:yasucom:20170328223008j:plain

神社の敷地は高い塀によって囲まれています。

塀の先を右に曲がり、しばらく歩くと到着します。

f:id:yasucom:20170328223557j:plain着きましたよ。まずは神社入口の楼門をくぐって境内に入ります。

名前の通り、神紋は桜の花びらです。

f:id:yasucom:20170329070357j:plain

楼門の扉には金色の新紋の装飾が施されています。きらびやかですね~。

f:id:yasucom:20170329070917j:plain

境内を入って右手にある手水舎。とてもきれいに管理されています。

f:id:yasucom:20170329071610j:plain

手水舎で手と口を清め、拝殿へ。

拝殿も立派で美しい。気品がありますね。

f:id:yasucom:20170328174133j:plain

御祭神は、倉稲魂命(うかのみたまのみこと)、武甕槌命(たけみかづちのみこと)、伊弉諾尊(いざなぎのみこと)、伊弉冉命(いざなみのみこと)の四柱です。

創建は仁寿元年(西暦851年)。藤原鎌足の子孫である藤原冬嗣の三男嗣良公が、この地に居を移した時、美しい桜の大木があり、この木のもとに倉稲魂命を祀り、その後武甕槌命を祀ったのが始まりと伝えられています。

 

御朱印は、授与所でいただくことができます。

f:id:yasucom:20170329092458j:plain

「桜の木」の御朱印帳は入荷待ちのようですね。思わずおじさんでも欲しくなります。でも、ここは我慢。今の御朱印帳をいっぱいにしないと。

f:id:yasucom:20170330215320j:plain

限定の御朱印帳まである! 1000部限定だそうです。

ここの神主さんは商売上手ですね。4月1日以降に訪れていたら、間違いなく購入していました。

f:id:yasucom:20170330215227j:plain

絵馬にも桜が。

f:id:yasucom:20170403210741j:plain

女子必見!女子力が向上する川屋神社!?

境内を散策していると、社務所前にトイレと「川屋神社」なる案内標識を発見。

f:id:yasucom:20170401225604j:plain

建物はとてもトイレには見えません。

むむ、出入口には注連縄がありますよ。

f:id:yasucom:20170401225638j:plain

中に入ると、お社がありました。これが、「川屋神社」です。

f:id:yasucom:20170401230257j:plain

建物内には雅楽をイメージしたBGMが流れています。

御祭神は、埴山姫神(はにやまひめのかみ)と弥都波能売神(みつはのめのかみ)。

美人成就、健康成就、安産、子授け、福徳、下半身の病、目・耳の病の治療などに御利益があるそうです。

f:id:yasucom:20170401230432j:plain

トイレは、とても綺麗です。お参りしたら、ぜひ寄るべきですよ。

利用した人は入った途端、感嘆の声を挙げていました。

f:id:yasucom:20170403213033j:plain

最後に、「三春滝桜」の実性クローン種がある大鳥居側の駐車場へ向かいました。

楼門を出たところに咲いているのは雅桜。

f:id:yasucom:20170403215558j:plain

そして、「三春滝桜」の実性クローン種。

見事に咲いていましたよ。

f:id:yasucom:20170403214349j:plain

いや~、きれいですね。

f:id:yasucom:20170403214657j:plain

これから桜は満開となります。

櫻木神社の桜、ぜひご覧になってみては。

あと、トイレも忘れずに、、、。

それでは、また。

 

櫻木神社へのアクセス

東武アーバンパークライン野田市駅」より徒歩10分。