神社時々ねこ

神社LOVE、猫LOVE。一人旅大好なおっさんの不定期ブログです。

千葉市中央区蘇我に鎮座する蘇我比咩神社を訪れました 

安房小湊に一泊した翌日、自宅へ帰る途中で蘇我比咩神社をお参りしました。

最寄りの蘇我駅は、ジェフユナイテッド市原・千葉のホームタウン。

午後2時近く。外はうだるような暑さ。

f:id:yasucom:20190808093614j:plain

駅から歩いて15分ほどでしたが、猛暑のなかを歩くのはけっこうシンドイ…。

汗が止まらない。

f:id:yasucom:20190808094546j:plain

境内では何か工事をしているようです。

f:id:yasucom:20190808094813j:plain

手水舎には立派な彫刻が。近くにあった八幡神社が解体を余儀なくされ、譲り受けたものとのこと。

柄杓がなかったので、そのまま社殿へ向かいました。

f:id:yasucom:20190808094935j:plain

拝殿。裏に回って本殿を拝見しようとしましたが、工事でショベルカーが行き来していたため出来ませんでした。

f:id:yasucom:20190808095247j:plain

蘇我比咩神社の由緒

創建年代は不詳。社伝によれば、日本武尊が東征の際、船で千葉沖に差しかかったとき暴風雨に襲われ沈没の危険にあったため、龍神の怒りを鎮めようと弟橘姫と付き従ってきた5人の姫たちが海中に身を投じました。その身を投じた5人中に蘇我大臣の娘の蘇我比咩がおり、海岸に打ち上げられていたところを里人の手厚い看護によって蘇生し、都に帰ることができました。また、里人たちは日本武尊が帰途中に亡くなったことを聞き、霊を慰めるために社を建てて祀りました。

この行為に深く感激した第十五代応神天皇は、蘇我一族をこの周辺の国造として派遣しました。蘇我一族は、信仰している春日大社と比咩神社の両社を勧請し、蘇我比咩神社を建立したと伝えられています。

天正19年(1591年)には徳川家康から10石を拝領、明治5年には郷社に列格していました。

ご祭神

蘇我比咩大神と千代春稲荷大神主祭神とし、天照皇大御神、春日大明神、八幡神を配祀しています。

f:id:yasucom:20190808095550j:plain

社殿の前にある御神木。

f:id:yasucom:20190808102929j:plain

f:id:yasucom:20190808102959j:plain

境内末社の大山阿利夫神社と大三輪神社。

f:id:yasucom:20190808103105j:plain

こちらの狛犬は顔が破損している。戦争の爆撃で破損したとのことです。

f:id:yasucom:20190809094211j:plain

f:id:yasucom:20190809094248j:plain

御朱印

御朱印は、日付けと朱印のみとなっています。初穂料は特に決まっていません。

f:id:yasucom:20190809101528j:plain

宮司さんの奥さんと思われる方とお話しして、埼玉の川越方面から来たことを伝えると保冷パックをいただきました。ありがとうございました。

 

ご覧いただき、ありがとうございました。

 

蘇我比咩神社へのアクセス

JR外房線内房線京葉線蘇我駅」より徒歩15分

小湊神社 千葉県鴨川市

1泊2日で千葉県鴨川の小湊温泉へ行ってきました。

往路は東京駅から「特急わかしお」で。

f:id:yasucom:20190806211949j:plain

勝浦に近づくとようやく海が見えてきました。海が見えると、わくわくしますね。

f:id:yasucom:20190806212707j:plain

安房小湊駅に到着しました。特急だと東京駅から2時間もかかりません。

小湊は、日蓮聖人生誕の地で、その生誕地に建立された誕生寺と特別天然記念物マダイが生息する鯛の浦が有名です。おっさんは船酔いするので乗りませんが、鯛の浦では遊覧船に乗ることができ、鯛の生息地を見ることができます。

f:id:yasucom:20190806212951j:plain

駅の目の前に広がる海水浴場。波が穏やかなビーチで家族連れに人気だそうですが、訪れた日は、台風8号の影響で波が高めでした。

f:id:yasucom:20190806213248j:plain

さて、宿のチェックインまで少し時間があったので、近くにある小湊神社をお参りしました。

誕生寺境内に沿った道路を進んだところにあります。朱い鳥居が目立つのですぐにわかると思いますよ。

f:id:yasucom:20190806213549j:plain

小湊神社の御祭神は天照皇大神ですが、もともとは法華経の守護神である三十番神の神様をお祀りする神社で、誕生時の鎮守社でした。明治の神仏分離の時に小湊地区の神社として分けられました。地元では「番神社」と呼ばれて親しまれています。

f:id:yasucom:20190806213631j:plain

狛犬さんは、両方とも角付き。阿の足元の子狛にも角がある。3体とも精悍な顔つきで頼もしい。

f:id:yasucom:20190806213700j:plain

f:id:yasucom:20190806213820j:plain

拝殿。

f:id:yasucom:20190806213850j:plain

f:id:yasucom:20190806213921j:plain

本殿。

f:id:yasucom:20190806214019j:plain

宿にチェックインして温泉に入った後、夕涼みがてら誕生時へ。

f:id:yasucom:20190806214153j:plain

f:id:yasucom:20190806214223j:plain

鐘楼から夕陽を眺める。

f:id:yasucom:20190806214248j:plain

小湊漁港にも足を延ばしてみました。

仔猫の兄弟を発見。

f:id:yasucom:20190806222406j:plain

最初は警戒していましたが、興味津々で5匹ほど集まってきました。

f:id:yasucom:20190806214332j:plain

釣りをしている人の近くにも猫さんが。魚をもらえるといいですね。

f:id:yasucom:20190806214408j:plain

小湊漁港では8月1日~20日の期間中、20時から約10分間、打ち上げ花火が行なわれます。これが意外と本格的。有名な花火大会と違って見物人もまばらでしたのでゆっくり見ることができました。

f:id:yasucom:20190806214641j:plain

初めて訪れた安房小湊。海水浴場もあって海を眺めながら入れる温泉もあって、とてものんびり過ごすことができました。

 

ご覧いただき、ありがとうございました。

 

小湊神社へのアクセス

JR外房線安房小湊駅」より徒歩20分

三河国一の宮 砥鹿神社 愛知県豊川市

全国一の宮めぐり 愛知県豊川市砥鹿神社

7月18日から19日、一泊二日で愛知県豊川市の砥鹿神社をお参りしました。

ぷらっとこだま」を利用して東京から浜松まで行き、東海道本線に乗り換えて豊橋へ。次に、豊橋飯田線に乗り換えて最寄りの三河一宮駅に向かいました。

ちなみに、飯田線は豊川以降の駅は交通系ICカードが使えません。豊川より先に行く場合は切符を購入する必要があります。スイカパスモで乗車してしまったときは、乗務員さんが車内をまわっていますので、声を掛ければ精算してくれます。

三河一宮駅に到着。無人駅でした。

f:id:yasucom:20190729214542j:plain

改札を出ると直ぐに神社への案内板があり、迷わず辿り着くことができました。

表参道側の鳥居。

f:id:yasucom:20190730202518j:plain

神門をくぐって境内へ。

f:id:yasucom:20190730202840j:plain

f:id:yasucom:20190731101015j:plain

f:id:yasucom:20190731101244j:plain

まずは社殿へ。

f:id:yasucom:20190731101541j:plain

砥鹿神社は、大己貴命を神様としてお祀りしています。

創建年代は不明ですが、社伝によれば、神代に国土を開拓した大己貴命が本宮山に留まったことから永く神霊を止め置く場所、止所(とが)の地とされたとあります。また、「三河一宮砥鹿大菩薩御縁起」によると、大宝年間に文武天皇の病気平癒祈願のためにこの地に勅使として遣わされた草鹿砥公宣卿を導いた老翁の望みにより、本宮山山麓に社殿を建立したとあり、古くから朝廷の崇敬篤く「延喜式」では式内社に列せられた程の大変歴史のある神社です。

 

さて、御朱印をいただいた後は境内を散策しました。

日本一の大きさを誇るという「さざれ石」。安産や幸福を願って触れると良いとか。

f:id:yasucom:20190803084356j:plain

神門の傍にある「背丈石」は、全国一の宮巡りを達成した四組のご夫婦によって奉納されたという石碑。

これはぜひとも触れてパワーをいただかなくては。先輩たちのように、おっさんも達成できますように。

境内にはこの他にもパワーストーンがありますので、詳細は神社のホームページで調べてください。

f:id:yasucom:20190803084607j:plain

拝殿の西にある「えびす社」へ。

f:id:yasucom:20190802215420j:plain

建物内に上がれるようなので、上がってみました。

f:id:yasucom:20190802215542j:plain

大きなえびす様が歓迎してくれました。

f:id:yasucom:20190802215641j:plain

たくさんの奉納された提灯。

f:id:yasucom:20190802215829j:plain

日が暮れたときは良い雰囲気でしょうね。

f:id:yasucom:20190802220045j:plain

えびす社の隣りにある絵馬殿には、鹿さん親子がいました。

f:id:yasucom:20190802220238j:plain

f:id:yasucom:20190802220430j:plain

えびす社と絵馬殿の北側にある本宮山遥拝所と守見殿神社。

こちらは遥拝所。

f:id:yasucom:20190802220524j:plain

守見殿神社。縁結びにご利益があるようでハートの絵馬が奉納されていました。

f:id:yasucom:20190802221628j:plain

f:id:yasucom:20190802221708j:plain

最後は西参道にある大鳥居へ。

f:id:yasucom:20190803083720j:plain

昭和20年に空襲によって被弾した鳥居。あちこちに被弾跡が見られましたが、よく残ったものです。平成25年に市の文化財に指定されました。

f:id:yasucom:20190803085907j:plain

神社に着いたとき、短時間でしたが土砂降りの雨。またいつ降るか分からない天気でしたので、今回は里宮だけのお参りでした。機会があれば、本宮山山頂の奥宮を登拝したいですね。

 

ご覧いただき、ありがとうございました。

 

砥鹿神社へのアクセス

JR飯田線三河一宮駅」より徒歩7分

早朝散歩で別府温泉総鎮守八幡朝見神社を参拝

大分県の神社めぐり旅④ ~八幡朝見神社

最終日は、早朝散歩を兼ねて八幡朝見神社をお参りしました。

向かう途中で、住宅街の路地裏で涼んでいた猫さんを発見。タグが付いていたので飼猫かな。

f:id:yasucom:20190721082958j:plain

古い商店が軒を連ねる表参道。いいな~、この風景。

f:id:yasucom:20190721083943j:plain

参道の敷石には、盃や瓢箪の形をした石があります。初詣のときに踏むと大変縁起が良いとされています。訪れた際は、探してみてください。

f:id:yasucom:20190721084914j:plain

参道脇にある広場では、近所のお年寄りたちが集まってラジオ体操をしていました。

f:id:yasucom:20190721091950j:plain

ふたつめの鳥居をくぐると、まるで門のような二本の巨大な杉の木が立っています。

寄り添うかのように並んでいるので「夫婦杉」と呼ばれ、親しまれています。

f:id:yasucom:20190721090007j:plain

カップルでしたら、この間を二人で通り抜けると結ばれるとか。

f:id:yasucom:20190721090329j:plain

手水舎の水は、「萬太郎清水」という名水。旱魃でも涸れず、長雨でも濁らず常に湧き続けています。

名前の由来は、不治の病の父親が、孝行息子萬太郎が汲んできた朝見の清水を飲むとたちまち全快したという伝説から付けられました。

f:id:yasucom:20190721090605j:plain

見てください、この透明感。すごくきれいです。

f:id:yasucom:20190721091649j:plain

階段を登って社殿へ。

f:id:yasucom:20190721092916j:plain

本殿。

f:id:yasucom:20190729203520j:plain

八幡朝見神社の由緒は、建久7年(1196年)10月9日に、鎌倉幕府から豊前・豊後の守護職に任命されて赴任した大友能直が、鶴岡八幡宮より勧請したことが始まりと云われています。以降、歴代大友氏当主から篤く崇敬されました。
御祭神は、仁徳天皇応神天皇仲哀天皇神功皇后の他に大歳神、迦具土命、大穴牟遅命、少名彦命です。

第二次大戦後、かつて別府温泉の鎮守であった温泉神社を合祀し、毎年4月に行なわれる別府八湯温泉祭りの中心となっています。

 

拝殿前の広場は大舞台のようになっていて、別府市街地を一望できます。

f:id:yasucom:20190721095455j:plain

f:id:yasucom:20190721095822j:plain

社殿の側にそびえる県の天然記念物に指定されている御神木の大楠。樹齢は1000年余とか。

f:id:yasucom:20190729203050j:plain

境内には蔵を利用したお茶処があり、萬太郎清水で淹れたコーヒーやお茶を飲むことができるようです。営業時間は10時から。

f:id:yasucom:20190729204645j:plain

お茶処を過ぎたところには水汲み所があり、自由に萬太郎清水を持ち帰ることができるようです。

別府市民の皆さん、うらやましい。

f:id:yasucom:20190729204429j:plain

とても雰囲気が良くて落ち着く神社でした。別府に来た際は、温泉街をぶらぶら散策しながらお参りしてみてはいかがでしょうか。

 

二晩お世話になった北浜。ありがとう。

今度は温泉目的で別府に来たいです。

f:id:yasucom:20190729205621j:plain

 

ご覧いただき、ありがとうございます。

 

八幡朝見神社のアクセス

JR日豊本線別府駅」より徒歩20分

 

豊後国一の宮 大分県柞原八幡宮

大分県の神社めぐり旅③ ~柞原八幡宮

大分駅に戻って、次に目指すは柞原八幡宮

柞原行きの路線バスは本数が少ないので移動が大変。平日は午前3本、午後2本の1日5本だけ。土日になると3本しか運行していません。

f:id:yasucom:20190713220739j:plain

13時35分、大分駅前を出発。終点の柞原へは14時に到着しました。

終点で降りたのは、おっさん一人だけ。

帰りのバスの時刻を確認すると17時10分。しかも最終。

うーむ、3時間も滞在できるのか…。

f:id:yasucom:20190703214455j:plain

長い階段。

雨が止んで良かった。午前中のような土砂降りだったら登りにくい。

f:id:yasucom:20190703214617j:plain

鬱蒼とした森に囲まれていて、神秘的な雰囲気でした。

f:id:yasucom:20190714135722j:plain

f:id:yasucom:20190703214945j:plain

日暮門と呼ばれる南大門の左手にそびえ立つ御神木のクス。樹齢は三千年とも云われています。二つに分かれた幹のうち、片方の幹の中は空洞になっている。

f:id:yasucom:20190714141012j:plain

そして日暮門。ここには見事な彫刻が施されています。

f:id:yasucom:20190714143909j:plain

f:id:yasucom:20190714144617j:plain

f:id:yasucom:20190714144649j:plain

f:id:yasucom:20190714144800j:plain

f:id:yasucom:20190714144835j:plain

f:id:yasucom:20190714144905j:plain

日暮門をくぐると、参道が正面と右斜めの二手に分かれています。

右斜めは神域南正面の楼門への参道。しかし、閉門していて入ることができませんでしたので正面の参道を進んでください。

f:id:yasucom:20190720083329j:plain

正面の参道。午前中の大雨で石畳が濡れて滑りやすい。手摺りに掴まりながら歩かないと転びます。

f:id:yasucom:20190714145209j:plain

階段を右に行くと西門があります。

f:id:yasucom:20190714145616j:plain

f:id:yasucom:20190714145651j:plain

ここにも見事な彫刻が。

f:id:yasucom:20190714145752j:plain

門をくぐり神域内へ。

柞原八幡宮のご祭神は応神天皇仲哀天皇神功皇后の三柱。

天長4年(827年)延暦寺の僧、金亀和尚が宇佐神宮の一千日参籠にて神告を受け、柞原山に勧請したことが始まりとされます。

本殿は、宇佐神宮本殿と同じ八幡造りで嘉永年間(1848~1854年)に再建。本殿の東西に東宝殿、西宝殿が並び、本殿手前に申殿、拝殿、廻廊、楼門が続いています。

f:id:yasucom:20190720083106j:plain

f:id:yasucom:20190720082734j:plain

f:id:yasucom:20190720091935j:plain

廻廊で靴を脱いで拝殿へ。

f:id:yasucom:20190714150223j:plain

廻廊には、大友宗麟が奉納したという開運大太鼓があります。

初穂料100円を納めて叩いてみました。いや、いい音が響きます。

f:id:yasucom:20190714150420j:plain

同じく廻廊内には奉納された絵が飾られていました。この絵が昔のばかりですごい。

f:id:yasucom:20190714151546j:plain

f:id:yasucom:20190714150938j:plain

f:id:yasucom:20190714151804j:plain
f:id:yasucom:20190714151658j:plain

廻廊の中央に拝殿があります。

f:id:yasucom:20190714151946j:plain

何か低いなぁと思っていたら、正座して参拝するのだそうです。

f:id:yasucom:20190714193433j:plain

廻廊から覗いてみると楼門の左右には隋身像が控えていました。

f:id:yasucom:20190720094406j:plain

f:id:yasucom:20190720094439j:plain

御朱印をいただき、帰り際、参道脇の稲荷社をお参り。

f:id:yasucom:20190720094758j:plain

f:id:yasucom:20190720094829j:plain

帰りのバスまで1時間30分以上あるので、歩いて西大分駅に向かうことに。

徒歩の場合は、途中、歩道がない道路を歩きますので車に十分注意が必要です。

 

浜の市といわれる仲秋祭で仮宮がある火王宮(ひおうぐう)に寄ってみました。

f:id:yasucom:20190720102039j:plain

火王宮の社殿。

f:id:yasucom:20190720102003j:plain

この神社の狛犬さんは愛嬌のある顔でした。

f:id:yasucom:20190720102212j:plain

f:id:yasucom:20190720102234j:plain

境内の合格門。門の上に賽銭箱があり、賽銭を投げて1回で入れば受験に合格するとか。

f:id:yasucom:20190720102557j:plain

f:id:yasucom:20190720102716j:plain

大分県一の宮めぐりが、これで終了しました。
公共交通機関で行くには柞原八幡宮はバスの本数が少なくて大変ですが、神秘的な雰囲気抜群でおすすめです。

 

ご覧いただき、ありがとうございました。

 

柞原八幡宮へのアクセス

大分駅」または「西大分駅」より柞原行バス終点「柞原」バス停下車

 

豊後国一の宮 大分県西寒田神社

大分県の神社めぐり旅② ~西寒田神社

二日目は、朝からあいにくの雨。

別府から電車に乗って大分駅へ。

ちょうど通勤と通学時間にぶつかってしまい、車内は大混雑プラス車椅子対応で遅延発生というハプニング。おまけに、大分駅に着くやいなやお腹が痛くなってしまい、しばらくトイレから出られない状況となってしまいました…。

バスに乗れなかったので、豊肥本線敷戸駅」から雨の中を歩いていくことに。

30分くらい歩いたかなぁ、ようやく西寒田神社に到着。

神社へは、この寒田川にかかる石造の「万年橋」を渡って入ります。

いや~、入口からしてとても良い雰囲気のある神社ですね。

f:id:yasucom:20190702200219j:plain

美しいアーチを描いたこの万年橋は、江戸時代末期の文久2年(1862年)に造られたもの。

f:id:yasucom:20190702200600j:plain

神苑には、見事な藤棚が広がっています。花が咲く時期は、格別でしょうね。

f:id:yasucom:20190702201101j:plain

境内に入ると土砂降りに。この天気なので、さすがに参拝者は誰もいませんでした。

f:id:yasucom:20190702202333j:plain

狛犬さんにご挨拶して拝殿をお参りします。

f:id:yasucom:20190702202724j:plain

片足の色だけ違うのがチャームポイント。

f:id:yasucom:20190702202758j:plain

西寒田神社は、西寒田大神(天照大御神・月読尊・天忍穂耳命)を主祭神として、相殿に応神天皇神功皇后、武内宿祢と他十柱を神様としてお祀りしています。

社伝によれば、応神天皇9年の4月に、武内宿祢が勅命を奉じて西寒田山に宮殿を建立したのが始まりと云われています。応永15年(1408年)、守護大名大友親世が山頂より社殿を現在地に遷し、以後大友氏歴代から篤く崇敬されました。

f:id:yasucom:20190702202941j:plain

参拝後は、境内を散策しました。

本殿の西側にある神庫は、校倉造りを特徴とした入母屋造り浅瓦葺き、高床式の建物で大分県ではあまり例がない大変貴重な建物だそうです。

f:id:yasucom:20190702213452j:plain

こちらから本宮山(西寒田山)に登れるようです。

f:id:yasucom:20190702214001j:plain

鬼の歯形石と呼ばれる石がありました。

f:id:yasucom:20190713215421j:plain

最後に、御朱印をいただきに社務所へ。

埼玉県から来たことを伝えると、お清めの塩をいただきました。

f:id:yasucom:20190714125202j:plain

33年目ごとに行なわれる特殊神事、御神衣祭(かんみそまつり=御祭神の神衣を新調して納める式年大祭)は、次回2029年とのこと。おっさんにとってはラストチャンスなので、この年にまた訪れたいですね。

帰りも敷戸駅まで歩きました。

この後は、柞原八幡宮へ。

 

ご覧いただき、ありがとうございました。

 

西寒田神社へのアクセス

JR豊肥本線敷戸駅」より徒歩30分

大分バス「ふじが丘南」バス停より徒歩8分

豊前国一の宮 大分県宇佐神宮

大分県の神社めぐり旅① ~宇佐神宮 

3日間の休みが取れたので、2泊3日で大分県に行ってきました。

初日は、全国に四万余社ある八幡宮の総本社・宇佐神宮をお参りしました。

10時10分、大分空港から中津・豊後高田方面行きのリムジンバスに乗り、最寄の宇佐八幡バス停には11時20分に到着しました。

まずは表参道から。

f:id:yasucom:20190701113047j:plain

商店街を通り抜けて神橋を渡ります。 

f:id:yasucom:20190702190422j:plain

f:id:yasucom:20190703190046j:plain

大鳥居の手前にある黒男神社。

ご祭神は、竹内宿祢。景行天皇成務天皇仲哀天皇応神天皇仁徳天皇と二四〇余年間五代の天皇に大臣として仕えたという人物。

f:id:yasucom:20190703201317j:plain

大鳥居をくぐって神域内へ。

f:id:yasucom:20190703201345j:plain

参道を歩いて行くと茅の輪がありました。

f:id:yasucom:20190703203915j:plain

宇佐神宮の参拝手順は上宮から下宮ですので、まずは上宮に向かいました。

ここの参道は雰囲気がとても良くて癒されます。

f:id:yasucom:20190703204331j:plain

石畳を歩いて行くと「夫婦石」がありました。夫婦やカップルは手をつないで一緒に片足ずつ、独身の人は両足で踏むとご利益があるとか。

f:id:yasucom:20190703205458j:plain

西大門。国宝の本殿、勅使門とともに宇佐神宮の景観を象徴する建物だそうです。

f:id:yasucom:20190703210537j:plain

門を抜けて上宮へ。

f:id:yasucom:20190705095004j:plain

参拝にも順番があるようです。

最初に手前の一之御殿、続いて中央の二之御殿、最後に三之御殿。

また、作法も多くの神社が二拍手なのに対し、宇佐神宮は四拍手です。

f:id:yasucom:20190705095344j:plain

f:id:yasucom:20190705100735j:plain

f:id:yasucom:20190705100757j:plain

上宮をお参りしたら、ぜひ触れておきたいのが御神木の大楠。
「EXILE」のUSAさんが、アルバムのミリオンセラーを祈願したことで有名になったパワースポットのひとつですよ。

f:id:yasucom:20190703211557j:plain

次に、下宮へ向かいました。

若宮神社を左へ、石畳の参道を歩いて行きます。

f:id:yasucom:20190705102335j:plain

f:id:yasucom:20190705102832j:plain

こちらが下宮です。

上宮とはまた違った雰囲気。とても静かで、落ち着きます。

f:id:yasucom:20190705102921j:plain

上宮と下宮の参拝を終え、ご祭神の八幡大神が現れたという御霊水へ。

上宮への参道途中にある亀山神社から石段を下っていきます。

f:id:yasucom:20190709183155j:plain

f:id:yasucom:20190709191134j:plain

菱型池に出ました。橋を渡ると水分神社。奥へ進むと御霊水があります。

f:id:yasucom:20190709191307j:plain

御霊水は、何というか空気が他の場所と違いますね。

欽明天皇三十二年(571年)に八幡神応神天皇)が三歳の子供の姿で、「われ、誉田天皇広幡八幡麻呂なり」と言って現われたと云われています。

f:id:yasucom:20190709191613j:plain

御朱印をいただき、西参道にある呉橋ともうひとつのパワースポットである願掛け地蔵へ行ってみました。

f:id:yasucom:20190709192309j:plain

このピンクと黄色の合羽を着た二体のお地蔵さん。

誰にも見られないで参拝すれば、一生に一度だけ願いをかなえてくれると伝えられているそうですよ。

ラッキーなことに道中誰にも会いませんでしたので、願掛けしてみました。願いごと、かなうといいなぁ。

f:id:yasucom:20190709192412j:plain

帰りのバスまで時間があったので、大尾山に鎮座する大尾神社と道鏡事件で国家を救ったという和気清麻呂を祀る護王神社へ。

f:id:yasucom:20190709193732j:plain

人の気配まるで無し。急階段と蒸し暑さで汗が止まらない。

f:id:yasucom:20190709194022j:plain

寝不足で急階段はきつい!ようやく大尾神社に着きました。

f:id:yasucom:20190709195222j:plain

最後に護王神社をお参りして、宇佐神宮を後にしました。

この季節、山の中は蚊がたくさんいますので虫除けスプレーは必ず携帯してください。悲惨な目に会いますので。

f:id:yasucom:20190709195526j:plain

宇佐八幡バス停から大分交通の路線バスに乗って宇佐駅へ。

バスは1時間に1本しかありませんので、時刻表をよく確認してください。

f:id:yasucom:20190709195937j:plain

f:id:yasucom:20190709200126j:plain

特急ソニック号で別府へ。乗り心地が最高で、寝てしまいそうでした。

f:id:yasucom:20190709200201j:plain

別府に到着。駅前にある油屋熊八さんの像は、ラグビーワールドカップに合せてラグビーのユニフォームが着せられていました。

f:id:yasucom:20190712090608j:plain

翌日は、豊後国一の宮である西寒田神社柞原八幡宮をお参り。

続きは、また後程。

ご覧いただき、ありがとうございました。

 

宇佐神宮へのアクセス

大分空港から中津・豊後高田方面行きリムジンバス「宇佐八幡」下車、徒歩10分

JR「宇佐駅」より大分交通路線バス「宇佐八幡」下車、徒歩10分